ココナッツサブレでアイスを挟んだ「ココナッツサブレサンドアイス」、売れすぎて販売休止

2012/10/18 06:40

ココナッツサブレサンドアイス【江崎グリコ(2206)】は2012年10月16日、先に【ココナッツサブレでアイスを挟んだ「ココナッツサブレサンドアイス」登場】でもお伝えした日清シスコの「ココナッツサブレ」との共同企画商品『ココナッツサブレサンドアイス』について、需要が当初の販売予測を大幅に上回る状態が続いたとして、同商品の販売を休止すると発表した。販売再開については現時点で未定とし、再開が決まり次第改めて伝えるとしている(【発表リリース】)。


↑ 「ココナッツサブレサンドアイス」パッケージと中身の構造
↑ 「ココナッツサブレサンドアイス」パッケージと中身の構造

『ココナッツサブレサンドアイス』は、1965年の発売以来47年間多くの人に親しまれているロングセラー商品「ココナッツサブレ」をそのまま使い、濃厚なバニラアイスをサンドした商品。サブレの香ばしいココナッツ風味とアイスのしっかりとした甘さの相性が非常に良く、お互いの味を引きたてあっている。パッケージも「ココナッツサブレ」を踏襲しており、すぐにサブレの派生商品であることが分かると共に、中身の写真を用いることでどのような仕組みを凝らしたアイスなのかをアピールしている。1個あたり36ミリリットルの食べきりサイズの個包装で構成されており、一人でも家族や仲間と分けあっても食することができる。

リリースによれば2012年9月24日の発売以降、大きな反響を受けていたが、当初の販売予測を大幅に上回る需要が続いたため、商品供給が追い付かない状態となった。江崎グリコ側ではこれを憂慮し、今件『ココナッツサブレサンドアイス』の販売を一時休止し、販売体制を整えることとしたという。なお販売再開の日程については現時点では未定で、決まり次第改めて公知する。

サブレやクッキー系の食品とアイスクリームの相性が良いことは、すでにその類の商品が多数発売され、小売店のアイスショーケース内に並んでいることからも明らか。サブレとして知名度が高く親しみやすい「ココナッツサブレ」を使ったサンドアイスとなれば、その味わいに期待する人も多いに違いなく、今件の販売休止は実際に多数の人が目を留め手に取った結果といえる。販売再開の見通しは現時点では立っていないが、続報を楽しみに待ちたいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー