JR東日本で千葉のご当地キャラクターを配したラッピング車両運行

2012/10/18 12:00

255系【JR東日本(9020)】の千葉支社は2012年10月17日、2013年1月から3月にかけて房総の観光キャンペーン「おいでよ房総春! いろどり」を実施すると発表した。その一環として2011年に続き255系車両に千葉県内の「ご当地キャラクター」をラッピングした「ちばのご当地キャラクターラッピングトレイン」を運転することも明らかにしている(【発表リリース】)。


↑ 2011年当時の「ちばのご当地キャラクターラッピングトレイン」。
↑ 2011年当時の「ちばのご当地キャラクターラッピングトレイン」。【直接リンクはこちら】

今回ラッピングが施される255系電車は特急用の車両。リクライニングシートを採用し、グッドデザイン商品にも選定された経歴を持つ。今回は昨年に続く形で、千葉県内のご当地キャラクタをラッピング(各キャラクタは車両の前扉部分横に配される)した「ちばのご当地キャラクターラッピングトレイン」を運転することになる。

↑ 「ご当地キャラクター」ラッピング車両。255系 9両編成 2編成
↑ 「ご当地キャラクター」ラッピング車両。255系 9両編成 2編成

↑ 参加キャラクタ一覧(予定)
↑ 参加キャラクタ一覧(予定)

運行開始予定は2012年11月初旬。準備出来次第開始するとのこと。主な対象列車・運航期間は次の通り。

・特急「さざなみ」「新宿さざなみ」 東京・新宿-館山
・特急「わかしお」「新宿わかしお」 東京・新宿-安房鴨川間
・特急「しおさい」 東京-銚子(総武本線経由)

なお房総の観光キャンペーン「おいでよ房総 春!いろどり」そのものについては、2012年11月の定例記者会見で詳しい発表が行われるとのこと。

SLおいでよ銚子また今件ラッピング電車以外にも、「おいでよ房総-」絡みでは蒸気機関車のC61-20号を用いた「SLおいでよ銚子号」の運行が行われる予定(【発表リリース、PDF】)。詳細は現時点では未発表だが(運行日は2013年2月9日-11日)、双方とも鉄道ファンには楽しみな話といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー