和菓子的アイス「和みのアイス」、からだスマイルプロジェクトから登場

2012/10/24 06:45

和みのアイス 抹茶あずきユニー、【サークルKサンクス(3337)】【ファミリーマート(8028)】、伊藤忠商事は2012年10月23日、4社共同で企画開発、推進を行う「からだスマイルプロジェクト」から、和菓子の魅力を追及したアイスクリーム「和みのアイス」第一弾として「黒蜜きな粉」「抹茶あずき」の2種類を同年10月30日より発売すると発表した。価格は双方とも168円(税込)。乳・卵を使っていないのが特徴で、そのため種類区分は「氷菓」となる(【発表リリース】)。

↑ 和みのアイス 黒蜜きな粉(左)と和みのアイス 抹茶あずき(右)
↑ 和みのアイス 黒蜜きな粉(左)と和みのアイス 抹茶あずき(右)

「からだスマイルプロジェクト」とはユニー、サークルKサンクス、ファミリーマート、伊藤忠商事の4社が、健康志向の高まりを背景に、体にやさしい商品を原料レベルから研究・開発する共同プロジェクト。2008年1月に発足、第一弾として2008年1月に食物繊維を含む、カロリーをひかえたパンのシリーズを発売開始、第二弾として食物繊維を配合したヨーグルトも発売。2011年7月にパンとヨーグルトともに大幅リニューアルして今日に至っている。今回発表された「和みのアイス」は、パン、ヨーグルトに続く3つめの商品ラインとなる。

「和みのアイス」はシニア層の増加に伴う「和スイーツ」(原文ママ)への注目が高まる状況における、「アイスカテゴリーでも本格的な和の商品を幅広い年齢層の方に楽しんでほしい」との発想がきっかけ。素材の組み合わせから生まれる、和菓子ならではの美味しさを極めたアイスが開発されることになった。

和みのアイス 黒蜜きな粉「和みのアイス 黒蜜きな粉」は、きな粉アイスにきなこソースを加えることで、きな粉の香ばしい風味を表現。きな粉と相性が良い黒蜜ソース・もち風味ソースを加えることで味の組み合わせも楽しめる。

コンビニ一方「和みのアイス 抹茶あずき」は宇治抹茶の豊かな風味を引き出すために、抹茶アイスに抹茶ソースを加えている。抹茶と相性の良いあずきを加えることで味の組み合わせも楽しめるのがポイント。

これら「和みのアイス」について4社側では「和菓子のおいしさをギュッと凍らせたようなアイス」であり、「和菓子を食べたくなった時、冷凍庫から取り出して気軽に楽しんでいただきたい、そんな思いを込めました」とコメントしている。また和菓子のように素材そのものの風味や味わいを一層引き立てたアイスにしたいとの考えから試行錯誤を重ね、乳・卵を不使用とすることで素材の味を引き出すことに成功している。

同プロジェクトのパン、ヨーグルトはいまだに関係各店舗に一定の存在感と共に棚に並べられ、定番アイテム化している。今回登場する「和みのアイス」もまた、「アイスケースでおなじみの和スイーツ」のポジションを確保できるのか。そのカギを握る、肝心の「味わい」が気になるところだ。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー