吉野家、焼味豚丼 十勝仕立てを11月1日から販売再開

2012/10/25 06:35

焼味豚丼 十勝仕立て【吉野家ホールディングス(9861)】は2012年10月24日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、同年11月1日午前10時から「焼味豚丼 十勝仕立て」を再販売すると発表した。価格は並盛380円・大盛480円、豚焼定食は490円。そば処吉野家や競馬場内店舗など一部では販売しない。代わりに夏季限定商品の「焼味ねぎ塩豚丼」は販売を一時休止する(【発表リリース】)。

↑ 「焼味豚丼 十勝仕立て」販売再開を示すポスターデザイン
↑ 「焼味豚丼 十勝仕立て」販売再開を示すポスターデザイン

「焼味豚丼 十勝仕立て」は、北海道の郷土料理の一つ「豚丼」をモチーフにしたもの。コクのある本醸造の北海道しょうゆと、すっきりした江戸前しょうゆをベースにした、甘味と辛味のバランスがとれたタレを使って焼き上げた、香ばしさとうまさが特徴。昨年12月に発売以来、順調に売り上げを伸ばし、3か月足らずで(定食と合わせてだが)1000万食の売り上げに達している。しかし先日の「牛焼肉丼」「牛焼肉定食」の発売に伴い、「焼味豚丼 十勝仕立て」「同定食」の販売は終了してしまった(【吉野家、十勝風豚丼・豚定食の販売終了】)。

今回の発表は、「夏期限定の焼味ねぎ塩豚丼販売終了の代り」とはいえ、販売終了からわずか2か月足らずでの再登場となる。「焼味豚丼 十勝仕立て」の需要・人気の高さがうかがいしれよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー