「ドラクエVII」来年2月に3DSで登場

2012/11/01 06:40

ドラクエVIIロゴ【スクウェア・エニックス(9684)】は2012年10月30日、同社発で人気を博しているロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズから、携帯ゲーム機のニンテンドー3DS用として『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』を2013年2月7日に発売すると発表した。価格6090円(税込)。一人用。セーブ出来るデータは3つ(【発表リリース】)。

↑ 今回リリースで唯一公開されたビジュアル、作品ロゴ
↑ 今回リリースで唯一公開されたビジュアル、作品ロゴ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』はプレイヤー自身が物語の主人公となって、壮大な世界を冒険する「ドラゴンクエスト」シリーズの第7作として2000年にプレイステーションで発売された作品。その発売から12年以上の歳月を経て、今回ニンテンドー3DS専用ソフトとして再登場することになる。

『VII』はシリーズかつてない重厚かつ圧倒的なボリュームを誇るシナリオや、「石版」を集めて世界が広がるゲームシステムなどが話題となり、オリジナル版では国内出荷本数410万本以上(2012年3月現在)を記録している。ニンテンドー3DS版では奥深いストーリーはそのままに、新機能が追加され、より遊びやすいものとなる(ただし具体的な新機能については現時点で「インターネット対応予定」「すれちがい通信対応予定」「3DS映像の表示あり」「上下2画面で展開する」としか公開されていない)。また今回はゲーム中の音楽に東京都交響楽団演奏によるオーケストラ音源を採用。リリースにいわく「重厚なシナリオをさらに彩り豊かなものとして」いる。

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』は「ドラゴンクエスト」シリーズでは初めて任天堂発のゲーム専用機以外向けに発売された作品であり、また、日本国内のプレイステーション用ソフトとして出荷本数のトップを行くタイトルとしても名を知られている。今作が任天堂発のニンテンドー3DSでリメイクされる状況は、12年以上という月日の流れと共に、さまざまな時代の流れを覚える人も多いに違いない。

具体的な画面の構成や新機能の解説は今後【公式サイトス】などで披露されることになる。発売まで約3か月しかないため、比較的早いペースで情報の露出が行われることだろう。


(c)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ARTEPIAZZA/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※ニンテンドー3DS / ニンテンドー3DSLLは任天堂の商標です。
※PlayStation、PLAYSTATION、プレイステーションは株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー