ハート柄や星柄のテープのり登場

2012/11/02 06:40

テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)コクヨグループのコクヨS&Tは2012年11月1日、テープのりの「のり面」にハート柄と星柄を採用した『テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)』(価格は210円・税込)を、同年11月13日から発売すると発表した。同時に「テープのり<ドットライナー>(ハート柄)」(420円・税込、詰め替え用テープは294円・税込)も発売する(【発表リリース】)。

↑ テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)(のり面はイメージ)
↑ テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)(のり面はイメージ)

↑ テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)本体部分
↑ テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)本体部分

「テープのり<ドットライナー>」シリーズは、「のり」がドット(=点)状に粘着することで、のり切れの良さと高い粘着性を持ち、手軽に美しくのり付けができる商品。今回発売される「テープのり<ドットライナープチ>(ハート柄)/(スター柄)」は、のりを頻繁に使う学生に向けて2010年に発売した「テープのり<ドットライナープチ>」の「のり面」にハート柄とスター柄を採用したもの。ペンケースにすっきり入る消しゴム程度の大きさなので、学校への携帯に便利なうえ、ノートへのプリント貼りなどを楽しくすることができる。

また同時発売される「<ドットライナー>(ハート柄)」は、スタンダードな「テープのり<ドットライナー>」の「のり面」にハート柄を採用した、つめ替え可能なタイプの商品。テープの長さが16メートルと長く、経済的なので、オフィスでのりをよく使う女性会社員の事務作業用にも好まれそう。

↑ 実際の「のり面」。「プチ」の幅は7ミリ、「ドットライナー」は8.4ミリ
↑ 実際の「のり面」。「プチ」の幅は7ミリ、「ドットライナー」は8.4ミリ

のりによる接着の場合、対象物に使った後は、接着面が見えなくなる。ハートや星柄を楽しめるのは貼りこみ作業をしている時のみ。とはいえ、やもすればおっくうになりがちな作業も、ハート柄や星柄で楽しくできるという、粋なアイディア商品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー