TCA、スマートフォン利用の際の注意事項を公開

2012/11/03 06:40

スマートフォンとリスク電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話、PHS事業者各社は2012年11月2日、スマートフォンの安心・安全な利用に役立てるため、「スマートフォン(スマホ)ご利用にあたっての注意事項」を作成し、TCAのウェブサイト上に掲載したと発表した。1枚のパンフレットとして出力できる形で、箇条書きで利用の際に注意しなければならない事柄がまとめられている(【発表リリース】)。

↑ スマートフォン(スマホ)ご利用にあたっての注意事項(一部)
↑ スマートフォン(スマホ)ご利用にあたっての注意事項(一部)

今注意事項は、スマートフォンを利用する際に起きうるトラブルについて、これまでの一般携帯電話(フィーチャーフォン)との比較を中心に、箇条書きにまとめたもの。主要項目について「一般携帯との違い」「注意事項」「対策」の3つの視点から注意を呼び掛けている。

例えば、

●一般携帯は操作をしなければ通信料はかからない
 ・スマートフォンは自動で通信を行う=通信料が発生する
 ・パケット定額サービスの利用、海外利用時はデータローミング(契約している事業者以外の回線を使って通信を行う)をオフにする

●一般携帯はウイルス対策不要
 ・スマートフォンはウイルス感染の可能性がある
 ・パソコンと同じく対策が必要。対策ソフトやOSは最新のものを利用する

などが提示されている。また、子供の利用にあたっては、留意すべき点が別途まとめられている。

これらの項目を守れば完璧にリスクを排除できるわけでは無いが、特に利用経験の浅い人にとって、十分役に立つことも事実ではある。パソコン歴が浅く、スマートフォンも使い始めたばかりの人は、このパンフレットを紙に出力した上で、目に留まる場所に貼りつけておくのも一つの手だろう。


■関連記事:
【急増するスマートフォンのトラブル、国民生活センターが注意喚起】
【「知らぬ間に 自分の位置を 大公開」スマートフォンなどのGPS連動機能に要注意…東京都消費生活総合センターが注意喚起】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー