壮齢層がターゲット・ファミマから「おとなのスープ」4種類登場

2012/11/16 12:00

おとなのスープ【ファミリーマート(8028)】は2012年11月15日、同社の新しいプライベートブランド「FamilyMart collection」のプラチナライン(素材や製法のグレードを上げた高付加価値商品)から、「おとなコンビニ研究所」(50歳以上の「おとな世代」に向けた商品開発を行うチーム)監修のもとに開発した新シリーズ「おとなスープ」4種類を、全国の同社店舗で同年11月22日から発売すると発表した。沖縄県では11月27日からの発売となる。価格は170円-180円(税込)(【発表リリース】)。

↑ おとなのスープ
↑ おとなのスープ

「おとなのスープ」は、50歳以上の“おとな世代”が求めるスープに対する需要から導き出した “3つのキーワード”、すなわち「素材がたっぷり溶け込んだ濃厚感、とろ-り感」「具材の食べ応え」「スープ専門店で出てくるような上質感、スタイリッシュさ」をもとに開発されたスープ。価格帯は一般的なスープよりやや高めの170円前後で、“おとな世代”はもちろんのこと、スープを食する機会の多い女性層にもおすすめの、「プレミアム」な質のカップスープに仕上がっている。

・粒たっぷりコーンポタージュ(170円)
濃厚な甘みのスーパースイートコーンの粒がたっぷり入った、食べごたえのある濃厚なコーンポタージュ。

・かぼちゃたっぷりポタージュ(170円)
ホクホク食感のかぼちゃをたっぷり使った、まろやかな甘みのポタージュ。

・ベーコンチーズチャウダー(180円)
ポテトクルトン、ベーコン、キャベツが入った濃厚でクリーミーな味わいのチーズチャウダー。

・ボストンクラムチャウダー(170円)
クラムとホクホクじゃがいもが入ったクリーミーでなめらかなクラムチャウダー。

価格はいずれも税込

要は具材の重厚感とビジュアル的な「高級感」がポイント。リリースには特記されていないが、パッケージには1食分のカロリーも明記されており(例えば「粒たっぷりコーンポタージュ」なら124Kcal)、健康面で熱量を気にしがちな女性陣にも安心して手に取れる配慮がなされている。

これから寒さが身に堪える時期、ちょっとハイセンスなスープで体を温めるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー