「キットメール」今年度は初のポップアップ式

2012/11/22 06:50

キットメール日本郵便とネスレ日本は2012年11月21日、2013年の共同企画商品「キットメール」を、全国の郵便局(一部除く)と一部の簡易郵便局で2012年12月5日から発売すると発表した。「キットメール」シリーズでは初のポップアップ式を採用している。価格250円(税込、一部簡易郵便局では異なる場合あり)。キットカットミニ・ミニホワイト各2枚、計4枚入り。販売期間は2012年12月5日から2013年3月29日。郵送の場合は別途140円の切手貼り付けが必要(【発表リリース】)。

↑ キットメール メッセージ面(左)と宛先面(右)
↑ キットメール メッセージ面(左)と宛先面(右)

↑ (中面・展開(裏面)宛先面 図)「キットメール」初のポップアップ式
↑ (中面・展開(裏面)宛先面 図)「キットメール」初のポップアップ式

「キットメール」は、受験生のお守りとして親しまれている「キットカット」に、手書きで応援メッセージや伝えたい想いを書き添えて郵送できる商品。離れて暮らす受験生へ気持ちを伝えられるといった独自性が好評を博し、2009年の販売開始以来、受験シーズンの人気商品となっている。さらには、受験生の応援だけでなく、スポーツや恋愛、就職活動などのシーンでも、目標に向かって頑張っている全ての人を応援する商品として利用されている。満開の桜をモチーフにデザインしたパッケージの表面にメッセージを記入できる欄を設けており、パッケージ裏面に140円分の郵便切手を貼って宛先を記入すると、そのまま郵送が可能。

今回発表された2013年版の「キットメール」では、初のポップアップ式(開くと絵などが飛び出す仕掛け)パッケージを採用。「キットメール」の箱を開けると、満開の桜のポップアップが飛び出すカードのように出現し、ポップアップ時には「キットカット」のリズムで音が鳴る仕組みとなっている。さらに今回は「センター試験前に贈りたい」という以前からの利用客からの要望に応えるべく、シリーズ初の12月からの販売が実現した。

今回の「キットメール」発売に際し、日本郵便とネスレでは「夢に向かって一生懸命頑張る人と、応援する周りの皆さまを心からサポートしていきたい」とコメントしている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー