名古屋あおなみ線で来年2月にSL列車の試験運転・試乗者募集

2012/11/22 12:10

C56愛知県名古屋市は2012年11月20日、【名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)】において、2013年2月16日・17日に蒸気機関車(SL)のC56形を用いた実験走行を行うとし、この列車の試乗者募集を開始した。試乗代金は大人(中学生以上)500円、小学生以下無料(敬老福祉パスは使用不可)。申し込み締め切りは12月25日消印有効([発表リリース])。

↑ 公知パンフレットに掲載されているC56 160
↑ 公知パンフレットに掲載されているC56 160

今回試験運行が決まったSL列車の名前は「SLあおなみ号」。編成はC56、客車に12系客車を3両、そしてディーゼル機関車としてDE10の組み合わせ。あおなみ線の名古屋駅を出発し、名古屋貨物ターミナル駅で折り返し、再び名古屋駅に戻る行程となる。折り返し地点での名古屋貨物ターミナル駅ではSLの転回をする設備がないため、名古屋駅に戻る過程ではDE10形がけん引することになる。

↑ 車両編成イメージ
↑ 車両編成イメージ

試験車乗車の募集人員は各便200名、1日3往復が行われるため、1日計600人・2日間で合計1200人。名古屋駅での出発時刻は9時50分・11時37分・13時22分。約20分かけて名古屋貨物ターミナル駅まで走り、その駅でSLの写真撮影の時間が設けられる(途中下車そのものは不可)。そして再び20分ほどをかけて名古屋駅に戻ることになる。

応募方法は往復はがきでの応募となる。詳しい募集要項はリリースを参照のこと。

今回走行する蒸気機関車はパンフレットにある写真や【予算概要(PDF)】に「蒸気機関車を西日本旅客鉄道株式会社から借り受け、あおなみ線で走行(2月頃)」などとあることから、梅小路蒸気機関車館で動態保存されしばしば臨時列車に使われたC56 160と思われる。


↑ JR西日本で走るC56 160。
↑ JR西日本で走るC56 160。【直接リンクはこちら】

また予算説明によれば今件事業に関して計上された予算は4000万円。「あおなみ線の利用促進と全国への名古屋のPRを行います」とあることや、今走行が「SL”実験”走行」とあることから、状況次第では今後定期的な運行の可能性もありえる。

ともあれ、足を運べる機会がある人は、応募してみてはいかがだろうか。


■関連記事:
【C61「SLがんばろう岩手号」東北線で運転】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー