セブン&アイHD、無料Wi-Fi「セブンスポット」を12月1日から全国拡大

2012/11/28 07:30

セブンスポット【セブン&アイホールディングス(3382)】は2012年11月27日、同社のグループ企業であるセブン-イレブン、イトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズなどの店内で高速インターネット接続や限定コンテンツを提供する無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」の展開地域を、同年12月1日から全国に1万店舗以上へと拡大することを発表した。今リリースによればこの数は、小売業主体のWi-Fiサービスとしては日本国内最大規模となる(【発表リリース、PDF】)。

↑ セブンスポット
↑ セブンスポット

「セブンスポット」サービスでは、Wi-Fi環境での高速インターネット接続を無料で提供する。利用可能端末はWi-Fiに対応した機種で、スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン。全キャリアの端末で利用可能。ただし利用には「セブンスポット」会員登録(無料)が必要となる(セブン&アイのネット通販サービス「セブンネットショッピング」会員IDでも利用可)。

1回につき最大60分間アクセスが可能で、1日につき3回までアクセスできる(大規模災害発生時には一般無料開放(30分/1回・1人)する)。また「セブンスポット」の接続環境でのみダウンロードできるオリジナルコンテンツを提供していく。

【セブン&アイ各店舗で無料ワイヤレス通信サービス「セブンスポット」12月1日からスタート、まずは東京23区内店舗から】にもある通り今件サービスは2011年12月に東京23区内でスタート・展開をしていたが、スマートフォンで18万人以上の会員登録を確認。さらに該当地区以外からのサービス要望の声も大きく、それに応える形で、12月1日付で1万店舗以上での運用開始が成されることとなった。

セブン-イレブンなアイテム【「どうぶつの森」でセブン-イレブンなアイテムが大配信!】でも伝えているが、12月1日は任天堂の携帯ゲーム機3DSで発売中の『とびだせ どうぶつの森』において、セブン-イレブンからのみで提供される特別アイテムの配信開始日でもある。少なからぬ「どうぶつの森」住民にとっては、「間に合った」という感想を抱くに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー