任天堂、Wii U向け電子番組表「Nintendo TVii(ニンテンドー ティービー)」12月8日開始

2012/11/28 08:30

Nintendo TVii(ニンテンドー ティービー)【任天堂(7974)】は2012年11月27日、日本国内では同年12月8日に発売される新型・据え置き型家庭用ゲーム機『Wii U』の発売にあたり、Rovi Corporationの電子番組表(EPG)技術を基に開発された「Gガイド」サービスを提供するインタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)との間で、シンジケーテッドGガイドの採用に関するパートナーシップ契約を締結したと発表した。テレビ画面と「Wii U」のコントローラー「Wii U GamePad」上の6.2インチタッチスクリーンの2つの画面を使うことで、テレビ視聴とWii Uの新しい関係を作り出す電子番組表サービス『Nintendo TVii(ニンテンドー ティービー)』を同年12月8日より共同で開始する(【発表リリース】)。


↑ Nintendo TViiの解説動画(米任天堂公式)。
↑ Nintendo TViiの解説動画(米任天堂公式)。【直接リンクはこちら】

『Nintendo TVii』は任天堂がIPGより提供を受ける公式番組情報や番組関連情報を「Wii U GamePad」上に表示し、テレビで現在放送中の番組を見ながら、その番組の詳細情報が得られるサービス。電子番組表だけでなく、番組のあらすじや、出演者情報、出演者のプロフィールなどを閲覧することができる。

また利用者の好みにあった番組やキーワード、出演者を「お好み登録」することで、利用者それぞれに対するおすすめ番組を自動的に提案する機能や、『Nintendo TVii』から直接テレビ番組を変更できる赤外線チャンネル切り替え機能(オプション:有料)も提供する。なお『Nintendo TVii』は、ゲームを遊んでいるときにも、ゲームを一旦中断して起動することが可能。

上記の解説動画を見る限り、『Nintendo TVii』は単なる電子テレビ番組表の枠を超え、テレビ番組を幅広い方面で楽しむツールとなっている。ただしテレビのチャンネル数が多数に及ぶアメリカと違い、日本ではチャンネルの選択肢はさほど多くない。どこまで便宜性をアピールできるか、そしてどこまで有益なコンテンツ(情報など)を継続して提供していけるかが、普及・利用拡大のカギとなるだろう。


■関連記事:
【任天堂、新しいゲーム機「Wii U」の発売日を12月8日に決定】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー