4スタイルの「いちご」が楽しめる・PARM(パルム)から「ザ・ストロベリー」登場

2012/11/29 10:30

PARM(パルム) ザ・ストロベリー森永乳業は2012年11月28日、同年12月17日から“日常のちょっとした贅沢”を提供するアイスブランド「PARM(パルム)」において「PARM(パルム) ザ・ストロベリー」を発売すると発表した。価格180円(税込)。熱量227Kcal(1本あたり)。コンビニ、スーパー、一般小売店にて発売。内容量90ミリリットル(発表リリース)。

↑ PARM(パルム) ザ・ストロベリー
↑ PARM(パルム) ザ・ストロベリー

コクのあるアイスクリームを口どけの良いチョコレートでコーティングした「PARM(パルム)」は、“日常のちょっとした贅沢”を提供する“デイリープレミアム”アイスクリームバーとして2005年春に発売。以来、順調に売上を伸ばしており、2011年度は年間出荷金額が100億円を突破している。2012年4-9月においても、前年同期比140%と伸長しているとのこと。

その「PARM(パルム)」から今回登場するのは、2010年度に発売し好評を博した「PARM(パルム) ザ・ストロベリー」の改良版。2010年度発売当時に受けた意見を元に、「濃厚ないちごの味わい」と「いちごの程よい酸味が効いたさっぱりとした後味」を目指し、いちご果汁の使用量を従来品より10%増量し、より本物のいちご感を得られるように工夫している。素材として「いちご味のアイスクリーム」「いちごソース」「いちごチョコ」「乾燥いちご」と4種類のスタイルを持ついちごが用いられているため、一口でいちごの甘み、酸味が口の中で混ざり合い、本格的ないちごの味わいを楽しめるという。

↑ 4つの「いちご」が織りなすハーモニー
↑ 4つの「いちご」が織りなすハーモニー

「PARM(パルム)」は年々出荷を伸ばしており、金額ベースでは発売初年の2005年度比で2011年度は約6倍を果たし、2012年度は7倍に届く領域にまで達している。「なめらかさ」「口どけ」「コクのある味わい」の3つのこだわりが消費者にも受け入れられた証といえる。今回登場する「PARM(パルム) ザ・ストロベリー」もまた、いちご好きな人を中心に支持を集めるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー