ヤフーとローソン、食材宅配サービス「スマートキッチン」開始へ

2012/12/05 06:30

スマートキッチン【ヤフー(4689)】【ローソン(2651)】は2012年12月4日、合弁事業会社「スマートキッチン」を設立したと発表した。資本金は4億9000万円。出資比率はローソン51%、ヤフー49%。代表取締役にはローソンの常務執行役員・ローソンHMVエンタテイメント代表取締役の加茂正治氏が就任する。同社ではネット宅配サービス「スマートキッチン」を2013年1月中旬予定で展開する予定(【発表リリース】)。

↑ スマートキッチン・サービスロゴ
↑ スマートキッチン・サービスロゴ

「スマートキッチン」では、ヤフーとローソン、それぞれの企業が持つノウハウやインフラを活用し、日本全国に向けてインターネットによる食品や日用品の宅配サービス「スマートキッチン」(※社名と同じサービス名)を展開。サービス開始は2013年1月中旬を予定し、同年3月には宅配業界で日本最大級となる2万3000点の品揃えを果たした上で正式・大々的なオープンを行う。

グランドオープン時の取り扱い商品は野菜、肉、魚、日配品、惣菜、加工食品、飲料、洗剤・紙などの食品や日用品に加え、「本格10分手料理(食材キット)」のようなオリジナル商品を冷蔵・冷凍合わせて300種類ほど用意。入会金・月会費は無料で、宅配対応地域は離島など一部不能地域を除き全国。宅配間隔は毎週1回(曜日/時間帯指定可能、最短前日まで注文の変更可能)で、不要な週はスキップも可能。

配送料は首都圏では無料。それ以外の地域は詳細について2013年1月に決定予定。決済方法は口座振替の他、Yahoo!ウォレットやクレジットカードが使える。対応端末はパソコン以外にスマートフォン、タブレット端末。

↑ 「本格10分手料理(食材キット)」一例。「まろやか黒酢の酢豚」798円(3人前/550g)
↑ 「本格10分手料理(食材キット)」一例。「まろやか黒酢の酢豚」798円(3人前/550g)

今回の「スマートキッチン」の展開に合わせ、ローソンでは2013年2月5日に物流拠点として、神奈川県座間市に「ローソンEC物流センター座間」を立ち上げる。また5月にはローソンネットショッピング「ロッピー」の物流機能も、今センターに集約するとしている。

コンビニが行う食材宅配サービスとしては、セブンイレブンの「セブンミール」が知られている(【「注文500円以上から送料無料」セブンイレブンの食事宅配サービス「セブンミール」、宅配料無料・宅配サービス利用条件緩和の全国展開へ】)。主婦の時間節約や、高齢化やいわゆる「買い物難民」問題に対応する意味合いもあり、全国に点在するというコンビニの特徴を活かしたサービスとして注目を集めているが、今回の「スマートキッチン」はその対抗馬としての登場となる。「スマートキッチン」がプレオープンとなる2013年1月に、どのような姿を見せるのか。まずはそこに注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー