和洋折衷プリン「日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん」発売

2012/12/10 14:00

日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん協同乳業は2012年12月7日、同社が今年からスタートしたスイーツブランド「日本橋スイーツ」の新商品として「日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん」を2013年1月28日に発売すると発表した。価格136円(税込)。内容量128グラム、熱量198Kcal。「あまおう」の味がするいちごプリンにつぶあんを合わせているのが特徴(発表リリース)。

↑ 日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん
↑ 日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん

「日本橋スイーツ」は協同乳業独自のスイーツブランド。「日本橋」は江戸時代に五街道の起点として、経済はもちろんのこと、さまざまなヒトやモノが集まる文化の交流地点として栄え、新しいものを生み続けている。また協同乳業においても、人気アイスクリームの「ホームランバー」をこの世に初めて送り出した場であり、“スタートの地”ともいえる。そこで原点回帰の場所として改めてこの「日本橋」の持つ魅力に着目、「伝統」のイメージを持ちながら、一方で進化し続ける「日本橋」のように、新しい味のハーモニーと安心の美味しさを、納得価格で提供していくことをポリシーとして「日本橋スイーツ」という名前が付けられた。

今回登場する「日本橋スイーツ あまおうプリンとつぶあん」は、福岡県産「あまおう」の風味が広がるとろける食感のプリンに、つぶあんを合わせた和洋折衷の一品。つぶあんは、餡職人によって独自の製法で炊きあげているのが特徴。つぶの食感や存在感は、プリンとの相性にこだわった“日本橋スイーツ”オリジナルのもの。

その舌触りや味わいの上品さは20-50代の大人の消費者にも十分受け入れられるものであり、「自分のための新しいごほうび」の一品として、おやつ、そして食後のデザートに食べてほしいと協同乳業側ではコメントしている。

いちごとつぶあんの組み合わせはまさに和菓子の甘味そのものであり、その組み合わせをプリン上で行っているのがポイント。早く独得な甘みとのど越しを実体験したいプリンファンも多いに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー