にんにくとしょうがで寒さを吹き飛ばせ…チキンラーメンにも受験生応援カップ登場

2012/12/12 14:00

ひよこちゃん神主【日清食品ホールディングス(2897)】のグループ会社日清食品は2012年12月10日、受験生を応援する商品の一環として「チキンラーメン受験生応援カップ ぽっかぽかジンジャー風味」「チキンラーメン受験生応援カップ スタミナガーリック風味」を同年12月25日から発売すると発表した。価格170円(税別)。双方とも内容量64グラム(麺60グラム)。スタミナをつけてもらうためにジンジャー(しょうが)やガーリック(にんにく)が入っているのが特徴。また専用のARアプリを使うと、ひよこちゃん神主がふたの上から飛び出して見える仕組みも用意されている(【発表リリース】)。

↑ チキンラーメン受験生応援カップ ぽっかぽかジンジャー風味(左)とスタミナガーリック風味(右)
↑ チキンラーメン受験生応援カップ ぽっかぽかジンジャー風味(左)とスタミナガーリック風味(右)

今回発売される2商品は「頑張る受験生を応援するカップ麺」をテーマに、それぞれジンジャーとガーリックという、寒い冬の受験勉強を元気に乗り切るための具材を使用している。「ぽっかぽかジンジャー風味」ではしょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい「チキンラーメン」の麺を楽しめ、具材にはしょうが以外に角切りチキンが肉の食感を体感させる。一方「スタミナガーリック風味」では麺は同じものの、具材にはにんにくに加え肉ミンチが入っており、歯ごたえを楽しめる。

また、商品フタの裏側に描かれているQRコードを読み取りアクセスできるサイトから専用のアプリケーション(スマートフォン、携帯電話用。一部機種では使用不可)を取得することで、フタの上から飛び出したひよこちゃん神主が、すべらない神社として有名な「火神社」から登場し、受験生の合格を祈祷してくれるAR(Augmented Reality(拡張現実・強化現実))アプリを、期間限定で配信する。3Dになって動くひよこちゃんを楽しむことができる(アプリ配布期間:2012年12月25日-2013年3月31日17時)。

↑ ARでフタ上に登場する「ひよこちゃん神主」
↑ ARでフタ上に登場する「ひよこちゃん神主」

火神社とは富山県氷見市の胡桃地区にある神社で、昔、地すべりが多発した地区において、この神社と周辺だけは被害に遭わなかったことから、「すべらない神社」と呼ばれている。また「受験合格」の神様として有名な神社でもある。その神社の神主として登場するだけに、特に「ぽっかぽか”ジンジャー”風味」では、恩恵が得られる……ように思えてくるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー