セロテープの折り返し「タブ」が自動で作れる「タブメーカー」登場

2012/12/16 18:00

タブニチバンは2012年12月12日、テープの折り返し「タブ」を自動で作成できるテープカッター「タブメーカー」を同年12月17日から発売すると発表した。価格2100円(税込)。大巻・小巻兼用。色はダークブラウンとアイボリーの2色。包装資材店などでの販売(【発表リリース】)。

↑ タブメーカー
↑ タブメーカー

「タブ」とはテープの先を折り返して、粘着面同士をくっつけたつまみ部分のとを指す。今回登場する「タブメーカー」は、これまで手作業で行っていた「タブ」を自動で作るというもの。つまみとなる「タブ」があることで、テープがはがしやすくなり、レジのシール貼りや包装、仮止めなどを行う際に便利となる。

リリースでは使用例として「レジでのシール貼り」「店頭での包装」などを挙げている。

↑ 使用具体例
↑ 使用具体例

個人ベースでのありがたみはあまりないが、業務でセロテープを多用している人には、大きな労力と時間の節約となるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー