ハローキティ柄の極細ボールペン付きタッチペン、プラチナ万年筆から登場

2012/12/18 10:30

ハローキティ タッチパネル用ミニボールペンプラチナ万年筆は2012年12月17日、「ハローキティ」をあしらった手帳用極細ボールペンに、スマートフォンなどのタッチパネル用の入力ペンを組み込んだ2機能の筆記具「ハローキティ タッチパネル用ミニボールペン」を、2012年12月25日から発売すると発表した。全長127ミリ・最大径6.4ミリ・重量6.4グラム、軸色はブラック・シルバー・ブルー・チェリーの4種類。ボールペン部分は0.5ミリ極細(黒)。価格はオープン価格(【発表リリース】)。



↑ パッケージ(上)と絵柄部分拡大(下)
↑ パッケージ(上)と絵柄部分拡大(下)

近年急速に普及したスマートフォンやタブレット端末(類似機能を持つ携帯ゲーム機含む)は、画面を指でタッチするのが基本操作。ところが思うようにアイコンや入力キーボードをタッチできず、何度も同じミスタッチを繰り返すことがしばしばある。特に女性の場合、長い爪やつけ爪をしている人は、タッチパネルへの入力がきゅうくつそうに見受けられる。

今回登場する「タッチパネル用ミニボールペン」を使用すれば、画面をタッチする他にも文字入力アプリなどで字や絵を描く時に非常に入力しやすく、ストレスのない入力で、まるで紙に文字を書く感覚で便利に使うことができる。もちろん普段は手帳やノートなど、紙への筆記が可能なボールペンとして使える。

↑ タッチパネル用のシリコンパーツを利用してスマートフォンを操作する情景。使っている商品はハローキティ版でない「タッチパネル用ミニボールペン」だが、仕様機能的には同一
↑ タッチパネル用のシリコンパーツを利用してスマートフォンを操作する情景。使っている商品はハローキティ版でない「タッチパネル用ミニボールペン」だが、仕様機能的には同一

気になる液晶へのタッチ部分だが、シリコンの柔らかさを活かすことで、入力時に液晶部分を過度な筆圧から安全に守るのがポイントとなっている。

市場に出回るタッチペン製品は男性向けが多く、女性の選択肢が少ないのが現状。これを考慮し、今回登場する「ハローキティ タッチパネル用ミニボールペン」は、幅広い女性に愛される人気キャラクターのハローキティを軸にデザイン。女性のスマートフォンなどの利用者へのアピールを付与することとなる。

スマートフォンを多用する女性自らの愛用品、あるいはそのような女性へのプレゼント品として重宝されるに違いない。


(c)1976, 2012 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. S533312

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー