見た目は鏡もち、実はスイーツな「鏡もちケーキ」、大阪新阪急ホテルで限定発売

2012/12/18 14:00

そっくりスイーツ Sweets(スイーツ)な鏡もち大阪新阪急ホテルは2012年12月17日、同ホテルの年末年始の新商品として、鏡もちに見立てたケーキ「そっくりスイーツ Sweets(スイーツ)な鏡もち」を発売すると発表した。見た目が鏡もちで、素材にチョコレートやいちご、シュークリームが用いられているのがポイント。サイズは高さ15センチ、価格は1680円(税込)。同年12月26日から2013年1月11日までの発売。販売店舗は大阪新阪急ホテル1階・ラウンジ「ブリアン」。1日10台限定(発表リリース)。

↑ Sweets(スイーツ)な鏡もちの全容と断面図
↑ Sweets(スイーツ)な鏡もちの全容と断面図

今回大阪新阪急ホテルから発売されるのは、正月を装う鏡もちをモチーフにした創作系洋菓子。ホワイトチョコレートで鏡もち本体部分を創り、中にはミニシュークリームといちご、サクサクチョコがゴロゴロと詰まっている。そして通常の鏡もちならミカンが位置する頂上部分には、薄いオレンジ色のマカロンが配され、その土台部分をドライアプリコットが支える形となる(台座部分やリボンなどは装飾品のため、食べることはできない)。

大阪新阪急ホテルでは【53×35×10センチの巨大な「湯豆腐」そっくりなスイーツ、バイキングの食べ放題メニューに登場】【じっくり見ろと突っ込まれるスイーツ】などのように、見た目に楽しい「そっくり系」の和洋菓子を創作することで知られている。今回の「Sweets(スイーツ)な鏡もち」もまたその類の一品で、季節にベストマッチしたスイーツといえる。

大阪新阪急ホテルでは今回商品について「割って楽しい!食べて美味しい!ご家族・ご友人でぜひご賞味ください」とコメントしている。確かにこの「鏡もち」なら、鏡開きでも親子そろって楽しむことができるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー