ナンジャタウン2013年夏にリニューアルオープン

2012/12/19 10:30

ナンジャタウン(リニューアル後)ナムコは2012年12月17日、同社が東京池袋で運営している屋内型テーマパーク「ナムコ・ナンジャタウン」について、2013年1月15日から一時休園、そして同年夏にこれまでと同じビル、サンシャインシティ・ワールドインポートマートの2階にリニューアルオープンすると発表した(現在は2階・3階の双方を利用)。先に【1年365日ジャンプフェスタ的な…週刊少年ジャンプのテーマパーク、東京池袋にオープン】でお伝えした、「週刊少年ジャンプのテーマパーク」が3階に新規オープンするためのリニューアルとなる(【発表リリース】)。


↑ リニューアル後のナムコ・ナンジャタウン
↑ リニューアル後のナムコ・ナンジャタウン

「ナムコ・ナンジャタウン」は屋内設置型のテーマパーク。ビル内テナントとしての展開なことから、大型のアトラクションの設置が難しく、そのハードルを逆に利用し、多様な施設を多数配置。そして利用者はそれらを自由に行き来して利用するという、「園内回遊型エンタメ施設」の仕組みを採用している。また、食品系の施設比率が高く、それらもアトラクション化していること(「池袋餃子スタジアム」が好例)や、季節性のイベントが充実しているのも特徴。

今回の一時休園・リニューアルは、先にお伝えしているように3階部分に「週刊少年ジャンプのテーマパーク」が新設されるのに伴うもの。このリニューアルで施設規模は1フロアと縮小されるものの、同社説明によれば「遊びの高密度化を図り、今まで以上の感動体験を提供」していくという。

なお現時点で改装後の入り口コンセプトイメージは公開されているものの、リニューアルのコンセプト、アトラクションの陣営など詳細は未公開。今後あらためて発表していくことになる。

同日になるかは不明だが、「週刊少年ジャンプのテーマパーク」も2013年夏にオープンと予定されている。サンシャインシティ・ワールドインポートマートは2階に「ナンジャタウン」・3階に「週刊少年ジャンプ・テーマパーク」が配される形。異なる、しかし容易に双方を行き来できる客層の集まる場所として、今まで以上に大きな賑わいを見せるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー