日本トイザらス、最長24メートル飛ぶ雪玉鉄砲「スノーボールブラスター」などを発売

2012/12/20 09:30

スノーボールブラスター日本トイザらスは2012年12月19日、雪合戦用の道具としてアメリカWHAM-O社の「ARCTIC FORCE」シリーズ3種類「スノーボールブラスター」「スノーボールブラスター ソロ」「スノー クロスボウ」などを発売すると発表した。価格はそれぞれ2299円・1499円・2999円(いずれも税込)(発表リリース)。


↑ 本家アメリカでの「スノーボールブラスター」の使い方を説明する動画。
↑ 本家アメリカでの「スノーボールブラスター」の使い方を説明する動画。【直接リンクはこちら】

今回発売される雪玉鉄砲は、アメリカWHAM-O社の「ARCTIC FORCE」シリーズの商品。1度に3個の雪玉を素早く作り、作った雪玉を最長約24メートル先まで発射できる「スノーボールブラスター」、最長飛距離約15メートル、コンパクトサイズの「スノーボールブラスター ソロ」、最長飛距離約18メートル、矢を引くポーズで雪玉を発射する「スノー クロスボウ」の3種類。この他に、雪をすくい、すくった雪で簡単に雪玉を作り、そのまま投げることができるスコップタイプの「スノー トラックボール」、型に雪を詰めて簡単に雪玉を作ることができる「スノーボールメーカー」も同時展開される。

●スノーボールブラスター(2299円・税込、44×33×14センチ)
↑ スノーボールブラスター
↑ スノーボールブラスター

上部のカップに雪を詰めてフタを閉じるだけで、同時に3個の雪玉を手間なく作ることができる。作った雪玉は発射台に乗せ、後ろのゴムを引っ張り発射させる(要は「パチンコ」形式)。最長飛距離約24メートル。ターゲットゲームができるシート付き。

●スノーボールブラスターソロ(1499円・税込、34×25×11センチ)
↑ スノーボールブラスターソロ
↑ スノーボールブラスターソロ

上部のカップに雪を詰めてフタを閉じるだけで、手間なく雪玉を作ることができる。作った雪玉は発射台に乗せて、後ろの レバーを引っ張り、雪玉を発射させる。最長飛距離約15メートル。ターゲットゲームができるシート付き。別売りの「スノーボールメーカー」(399円)と合わせて使用することを薦めている。

●スノー クロスボウ(2999円・税込、51×42×20センチ)
↑ スノー クロスボウ
↑ スノー クロスボウ

左右の弓を横に広げ、予め作っておいた雪玉を、カップ部分に乗せて、後ろのレバーを引っ張り、雪玉を発射させる。最長飛距離約18メートル。ターゲットゲームができるシート付き。別売りの「スノーボールメーカー」(399円)と合わせて使用することを薦めている。

●スノートラックボール(599円・税込、40×16×8センチ)
↑ スノートラックボール
↑ スノートラックボール

1台で雪をすくい、雪玉を作り、作った雪玉をそのまま投げることができる。同シリーズで最もコンパクトなサイズで持ち運びにも便利。

●スノーボールメーカー(399円・税込、19×11×8センチ)
↑ スノーボールメーカー
↑ スノーボールメーカー

カップに雪を詰めてフタを閉じれば、同時に3個の雪玉を素早く作ることができる便利な雪玉メーカー。

「スノートラックボール」以外の発射器は基本的に「パチンコ」スタイルでの雪玉投てきとなる(「スノーボールメーカー」は別)。

なおトイザらス側では使用時の注意事項として「木や屋根、水辺の近くで遊ばないでください」「破損する危険がありますので、尖ったものや硬いものに向かって投げたり、無理な力を加えたりしないでください」「屋外の広くて安全な場所でご使用ください」「人の顔や目に向けて雪玉を投げないでください」「-10℃以上の場所でご使用ください」などを公知している。普通の雪合戦時の注意と変わらないが、くれぐれも注意し、決まりを守りながら、楽しく遊んでほしいものだ。


(C)2012 Wham-O, All Rights Reserved.

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー