うどんとパスタの長所を兼ね備えた具付き麺「うどん DELI」シリーズ登場

2013/01/13 18:00

うどん DELIテーブルマークは2013年1月11日、うどんの美味しさとパスタの魅力を兼ね備えた「うどん DELI」シリーズ3種「チャンプル仕立て」「完熟トマト仕立て」「白ごま担々仕立て」を同年3月1日から発売すると発表した。1食入り。価格はオープン価格(【発表リリース】)。

↑ 上段左「チャンプル仕立て」、同右「完熟トマト仕立て」。下段「白ごま担々仕立て」
↑ 上段左「チャンプル仕立て」、同右「完熟トマト仕立て」。下段「白ごま担々仕立て」

近年、冷凍麺市場はパスタの伸張に伴い、微増傾向で推移。そして冷凍麺市場におけるうどんおよびパスタのシェアは、同市場全体の約74%(同社調べ)を占めており、冷凍麺市場を牽引している。

そこで今回発売される『うどんDELI』シリーズは、「うどんのおいしさ」と「冷凍パスタの調理簡便性、バラエティ感」といった魅力を兼ね備え、新しいうどんの食べ方を提案する、提案型の具付き麺として開発された。今シリーズは、袋のまま電子レンジで調理できる簡便な商品なのがポイント。また、トレー付きのため、お皿などを使わず、そのまま食べることができる。

●「チャンプル仕立て」
かつおぶしの風味を活かしつつ、オイスターエキスやオニオンエキスのおいしさなどを隠し味として加え、キャベツ、チンゲン菜、にんじんのほかに、スクランブルエッグ、ランチョンミートを使用することで、彩りもきれいな商品に仕上がっている。

●「完熟トマト仕立て」
ダイストマトが入ったトマトのピューレーづけに相性の良いオリーブオイル、たまねぎ、ガーリック、バジルなどで作った自家製トマトソースと、栗かぼちゃ、揚げなす、黄ピーマン、たまねぎを合わせ、トマトの酸味とかぼちゃの甘さが絶妙なバランスの一品。

●「白ごま担々仕立て」
ごまの風味に豆板醤や赤唐辛子でほどよく辛みを効かせた特製ごまダレのコクと辛みがクセになる味わい。野菜は、キャベツとほうれん草、赤ピーマンを使用し、彩りや食感のアクセントにきくらげを使用することで、中華感を演出している。

いずれも彩り豊かな野菜と個性あふれるソースが、小麦全粒粉を使用したモチモチとした食感の平打ち麺を引き立てている。また、おはしでも食べやすい短めの麺を採用しているのも特徴。

バラエティに富んだ焼うどん的な雰囲気もあり、親しみやすさを覚えるのもポイント。元々テーブルマーク(旧加ト吉)の冷凍麺、特にうどん系の味わいには定評があるだけに、大いに期待したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー