すき家の「とりそぼろ丼」、女性向けサイズでリニューアル

2013/01/16 20:30

新とりそぼろ丼【ゼンショー(7550)】は2013年1月15日、同社が展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」において同年1月17日午前9時から「新とりそぼろ丼」を発売すると発表した。価格280円。現在発売中の「とりそぼろ丼」のリニューアル商品となる(【発表リリース】)。

↑ 新とりそぼろ丼
↑ 新とりそぼろ丼

現在展開中の「とりそぼろ丼」は国産鶏肉を特製ダシでしっとりほろ甘に仕上げたそぼろ丼。今回の「新とりそぼろ丼」では現行の「とりそぼろ丼」のご飯・具材を共に7割程度に抑え、価格も480円から280円と6割近くで提供する。なお卵は別皿で提供される。

説明にいわく「女性の要望に合わせた適量サイズ」「女性に嬉しいちょうどいいサイズ」であり、広報用の画材(上記写真)にも「女性に食べやすいサイズで新登場」とのキャッチコピーが踊っていることから、今回のリニューアルでは多分に(男性と比べて)少食の場合が多い女性をターゲットとしたものと考えられる。いわゆる牛丼御三家(吉野家、松屋、すき家)の中でもすき家が「郊外型ファミリー牛丼店」であり、他の2社よりも女性客への傾注度が高いことを考えれば、このメニューの切り口も十分うなづける。また女性に限らず、小腹がすいた時や、逆に腹一杯食べたい時の調整用としても重宝されよう。

なお現行・通常サイズの「とりそぼろ丼」は今件に合わせ発売を終了することになる。


■関連記事:
【すき家、200円での朝食メニュー「たまごかけごはん朝食」を発売開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー