1台4役の赤ちゃん向け・海をテーマにしたメリー&おもちゃ「4WAYゆかいな海のなかまたちメリー」登場

2013/01/19 18:00

4WAYゆかいな海のなかまたちメリーマテル・インターナショナルは2013年1月16日、アメリカの子供向け用玩具ブランドフィッシャープライスが発売している、ベビーベッドに取り付けたり床置きにしたりと、4通りの使い方ができるメリー兼乳幼児用玩具「4WAYゆかいな海のなかまたちメリー」を、同年2月上旬から全国の主要玩具店などで発売すると発表した。価格5670円(税込)。単二乾電池3本が必要(別売り)。サイズは330×85×405ミリ、重量1360グラム。対象年齢は誕生から2歳位まで。海をテーマとしたおもちゃで、子供の成長に合わせて使い分けられるのがポイント(【発表リリース】)。

↑ ベビーベット用メリーとして使用中の「4WAYゆかいな海のなかまたちメリー」
↑ ベビーベット用メリーとして使用中の「4WAYゆかいな海のなかまたちメリー」

今商品は海の生き物たちと楽しく遊ぶことを基本に据え、赤ちゃんの成長や用途に合わせて4通りの方法で、誕生から2歳頃までと長く使える遊べるおもちゃとして作られている。生まれた直後は①ベビーベッド用メリー、あるいは②床置きメリーとして使用することができる。

そして生後半年頃からは、③メリー部分を取り外し床置きにして腹ばい・お座り遊びのおもちゃとして、④メリー部分を取り外してベビーベッドに取り付けて指遊びのおもちゃとして、使えるような仕組みとなっている。

↑ 指押しのおもちゃとして使う事例
↑ 指押しのおもちゃとして使う事例

音楽は「海のサウンドと楽しいメロディ」と「やすらぎメロディ」の2つのメロディモードを搭載。「海のサウンドと楽しいメロディ」では軽快なメロディ7曲(「Sailing Sailing」など)、「やすらぎメロディ」ではやすらぎを与えるクラシック子守唄6曲(「主よ」「人の望みの喜びよ」「カノン」など)など、計13曲の音楽を収録。赤ちゃんのプレイタイムとおやすみタイムのどちらのシーンにも対応している。また最長20分間の自動演奏も可能。

メリーに取り付けられる付属のクジラやタツノオトシゴなどのおもちゃは、メロディボックス本体や床置き用ベースに付け替えて、腹ばい遊びやおすわりでの指遊びを楽しめる。さらにメロディボックス本体には、かにや貝の形のボタンやくるくるまわるローラーがついて、楽しく遊べる機能が盛りだくさんで赤ちゃんを飽きさせない。

↑ メリー部分を外した状態。本体にはカニさんなどが
↑ メリー部分を外した状態。本体にはカニさんなどが

乳幼児は成長が速く、その成長ぶりで使うおもちゃが変わってくることもあり、保護者は何かと頭を痛めることが多い。今件のような成長ステージで使い道を変えられるおもちゃの存在は、ありがたいお話ではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー