防災用にも…賞味期限5年の「パインアメ缶」登場

2013/01/30 17:30

パインアメ缶パイン株式会社は2013年1月25日、同社の「パインアメ」シリーズから、5年間の長期保存が可能な「パインアメ缶」を、同年2月25日より全国で発売すると発表した。価格はオープン価格。重量90グラム(個包装紙込み)。賞味期限が5年なのが特徴(【発表リリース:5年間の長期保存が可能なパインアメが登場!『パインアメ缶』を新発売、PDF】)。

↑ パインアメ缶
↑ パインアメ缶

「パインアメ」は1951年に第一号が完成したパインのアメ。当時は瓶詰で発売されており、1粒1円で販売された。また戦後の傷跡が残り、パイナップルが生はもちろん缶詰でも高級品だったこともあり、手軽な価格で味わえるようにとの考えから誕生したとのこと。パイナップルらしさを追求した結果による、中央部の穴は、1953年に自動キャンディ穴開け機が開発されるまで、割り箸でつついて穴を開けていたというエピソードもある。

今回発売される「パインアメ缶」は、賞味期限を5年に設定した、防災用に適したパインアメ。入れ物となる缶はパイナップル缶を連想させ、それらしさをかもしている。同社では「プレゼントやバラエティグッズにも最適」と説明しているが、非常に役立つ、頼りになる贈り物となりそうだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー