甘酸っぱさとはちみつが握手…森永マミーからはちみつ風味登場

2013/01/31 10:30

森永はちみつマミー【森永乳業(2264)】は2013年1月29日、同社の定番飲料「森永マミー」シリーズより、はちみつを合わせた「森永はちみつマミー」を同年2月12日から沖縄を除く全国で発売すると発表した。価格105円(税別)。賞味期限は15日間。熱量112Kcal(200mlあたり)。紙パック(ゲーブルトップ)500ml。同年4月頃までの期間限定商品(【発表リリース、PDF】)。

↑ 森永はちみつマミー
↑ 森永はちみつマミー

「森永マミー」は生きてる乳酸菌とミルクカルシウム入りで、日々の健康をサポートする乳酸菌飲料。多種多様な組み合わせによる商品展開がなされ、ロングセラーとしての立ち位置を得ている(発売開始は1965年。当初は90ml入りのビンでの発売)同シリーズに、昔から馴染み深い自然の恵みな甘味「はちみつ」を合わせたのが今回の新商品。説明にいわく「マミーの甘酸っぱさとはちみつのまろやかな風味のハーモニーを楽しんでほしい」とのこと。

昭和40年頃のビンパッケージには、“子供の頃に飲んでいた懐かしさ”と、若年層には“新しさ”を感じとれるよう、マミーが発売当初使用していたビンをモチーフにしたデザインに仕上げている。さらに良く見ると、パッケージの地の部分には蜂の巣をイメージした六角形の組み合わせが黄色で描かれており、ハチミツ入りであることをアピールするデザインとなっている。

二つの独得な甘みをミックスすることで、どのようなうま味が生み出されるのか。普段からマミーを飲みなれている人にも、気になる一品に違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー