宇治の老舗上林春松本店監修の抹茶メロンパンなどサークルKサンクスで限定発売

2013/02/13 14:45

抹茶メロンパンサークルKサンクスは2013年2月12日、創業450年の歴史ある宇治の老舗茶舗「上林春松本店」監修による「抹茶メロンパン」を同年2月19日-3月18日までの期間限定で、全国の同社店舗にて発売すると発表した。価格135円(税込)。同時に北海道・九州地区を除いた同社店舗で「抹茶ホットケーキ」も発売する。こちらは2個入りで128円(税込)(【発表リリース、PDF】)。

↑ 抹茶メロンパン(上)と抹茶ホットケーキ(下)
↑ 抹茶メロンパン(上)と抹茶ホットケーキ(下)

今回販売される「抹茶メロンパン」は、昨年6月に関西地区を中心に地域限定で販売した商品。限定発売の結果、大きな反響が得られたこともあり、より多くの人に楽しんでもらおうとの想いから全国発売が行われることとなった。抹茶を練り込んだビスケット生地に、口当たりのよい抹茶クリームがサンドされている。

一方北海道・九州地区以外ではあるが、同じく上林春松本店監修による「抹茶ホットケーキつぶあん&ホイップ2個入り」も合わせて登場する。こちらは抹茶を使った「もちっと生地」に、抹茶の香り豊かなクリームと粒あんがが挟み込まれている。

昨今では健康志向もあり、また壮齢層もコンビニを使う機会が増えたこともあわせ、幅広い年齢層に受け入れられる抹茶をテーマとしたスイーツも増えてきた。渋みのある落ち着いた味、そして色あいが独得のアクセントとなり、新たな味覚の世界を切り開いている。今件商品もまた鮮やかな緑が印象的。抹茶系スイーツが好きな人には気になる商品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー