のり付けと折り目付けが同時にできるテープのり「グルーライナー封筒用」発売へ

2013/02/15 10:45

グルーライナー封筒用マックスは2013年2月13日、封筒に「のり」と「折り目」を同時につけられるテープのり「グルーライナー封筒用」を同年2月25日から全国の文具店、量販店、通販ルートなどで発売すると発表した。価格は630円(税込)、色は青・ピンク・ルミナスピンク・ルミナスイエローの4色。本体サイズは59×96×43ミリ。同時に封かん作業マット(619円、税込)、アタッチメントの無い「グルーライナー」(420円、税込)も発売する([発表リリース])。

↑ グルーライナー封筒用
↑ グルーライナー封筒用

今商品は溝のついた「封かん作業マット」の上に、車輪がついたテープのりを走らせることで、封筒のフラップ(封筒を封かんする時に折り込む部分)にのり付けをしながら折り目をつけることができるというもの。のりと折り目が同時にまっすぐにつけられるので、封筒貼り作業が速くきれいに仕上がるのがポイント。

封かん作業はのり付け前にあらかじめフラップに折り目を付けたり、端がめくれないよう隅までしっかりとのりを付けたりと、仕上がりを意識してていねいな作業を心掛けるほど、作業時間がかかってしまうもの。一方で、作業効率を求めるとフラップの折り位置が曲がり、見た目が悪くなることや、端がめくれてしまうことが多々あるため、作業をする人はジレンマに悩まされることになる。

今回マックスでは「封筒の端から端までしっかりのり付け」と「まっすぐきれいに封折り」を同時に実現する、封筒貼り作業に特化した付加機能を持つテープのりの開発を目指し、「グルーライナー封筒用」の完成と相成った。また同時発売される「封かん作業マット」にはのりがつきにくい特殊なシリコン素材を用いているので、作業時に書類や机、手がのりで汚れるのを避けることができる。

↑ 封かん作業マット
↑ 封かん作業マット

「グルーライナー封筒用」で用いられているアタッチメントは簡単に脱着可能なため、領収書・レシート貼りやラッピング、アルバム作りなどのような封筒貼り以外の用途でも使用できる。またアタッチメントが無いバージョンが同時発売の「グルーライナー」となる。

機構としては便利に違いはないが、折り目付き・テープのり付けを同時に多数行う場面は個人ではなかなか無い。必然的に「一度に大量作業を行う場面」で用いられることになる。仕様を考えると中小企業向け、あるいは小規模の団体用としての活躍が期待できそうだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー