チョコとえびせんの一体化・「ガーナかっぱえびせん」1都3県のセブンイレブンで限定発売

2013/02/16 10:00

ガーナかっぱえびせんロッテとカルビーは2013年2月15日、それぞれ1964年に発売を開始したロングセラー商品である「ガーナミルク」と「かっぱえびせん」を用いた共同開発商品として「ガーナかっぱえびせん」を開発、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)のセブン-イレブン限定で同年2月19日から発売すると発表した。価格はオープン価格(想定小売価格148円前後・税込)。内容量22グラム。順次発売エリアを拡大予定(発表リリース)。

↑ ガーナかっぱえびせん
↑ ガーナかっぱえびせん

今商品はロッテの「ガーナミルク」とカルビーの「かっぱえびせん」を掛け合わせた商品。具体的にはかっぱえびせんにガーナミルクをコーティングしたもの。天然えびの風味が活きた塩味がアクセントのかっぱえびせんと、まろやかな甘みが特徴のガーナミルクが一体化しており、口にすることで「サクサク感」を覚える歯触りと、優しい味覚のガーナの味わいを同時に楽しむことができる。

さらに外観はかっぱえびせんの特徴の一つである「筋」がきれいに見えるよう注意しながら、ていねいにガーナミルクをコーティングしている。これにより形はかっぱえびせん、色はガーナチョコという、両者の組み合わせ商品であることが一目でわかるようなビジュアルが完成した。

パッケージデザインには双方のブランドカラーである「赤」を基調にし、活きたエビが踊るようにガーナチョコへと浸かっていくかっぱえびせんが描かれ、商品特性が一目で分かるようになっている。またスタンディングパウチ形態のスタイルをしており、一度に食べきることなく折を見てつまめるような配慮が施してある。

スナック系菓子とチョコレートの組み合わせはあまり珍しくない。しかしかっぱえびせんをベースに、しかも奇しくも同年発売のガーナミルクチョコとの組み合わせとなると、それぞれを好む人はもちろん、スナック全般、チョコそのものが好きな人にも気になる存在となる。関東の一部のみでの先行発売だが、今後全国展開することを期待したいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー