カレー牛丼とはひと味違う…すき家から「カレー南蛮牛丼」発売

2013/02/19 16:15

カレー南蛮牛丼ゼンショー(7550)が展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」は2013年2月18日、同年2月20日午前9時から新メニューとして「カレー南蛮牛丼」を発売すると発表した。価格は並盛400円、大盛500円、特盛600円など(税込)。牛丼とカレー南蛮を合わせた一品。一部店舗では2月7日から先行発売を実施している(【発表リリース】)。

↑ カレー南蛮牛丼
↑ カレー南蛮牛丼

今回発売される新メニュー「カレー南蛮牛丼」は、同社の定番・基軸アイテムの牛丼と、カレー南蛮のコラボ的商品。カレー南蛮には、かつおと昆布をベースに、長ねぎ、にんじん、油あげを盛り込み、まさに「おそば屋さんのカレー」を思わせる、和風だしの風味豊かな味わいに仕上げている。そのカレー南蛮をシンプルな牛丼の上にまんべんなくかけ、見た目は「牛肉たっぷりのカレー南蛮」、はしを入れると「牛肉の層とカレー南蛮の層による二層の味わい」が楽しめる一品となっている。

カレー南蛮はほどよくとろみが効いており、下層の牛肉ともよく絡む。そのまま食しても少しずつ食べていくうちに混じり合い、新たな味わいが生み出されることになる。

元々すき家ではメインメニューとしてカレーも多種展開中だが、それらとはひと味違った独特の、懐かしささえ覚えるカレー南蛮と、牛丼との組み合わせ。カレー系メニューが好みの人には気になる新メニューに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー