自販機にかざすとクマがはしゃぎCM動画が流れる…コカ・コーラが自販機向けARアプリ導入を決定

2013/02/22 09:45

ポーラーベア日本コカ・コーラは2013年2月21日、スマートフォン向けに自動販売機と連動したAR(Augmented Reality(拡張現実・強化現実))アプリを導入すると発表した。同年4月頃から提供を開始する予定。【夏の日中消費電力95%削減の「ピークシフト自販機」、2013年から日本コカ・コーラで導入開始】で紹介した省エネ型の「ピークシフト自販機」にデザインされた「ポーラーベア」がARのマーカーになっており、アプリを組み込んだスマートフォンをそれにかざすと、「ポーラーベア」がさまざまな仕草をしながら自販機の特徴を伝えていく。また自販機内の特定商品をマーカーとして、その商品と連動する特典映像を閲覧できるサービスも展開していく(【発表リリース】)。


↑ ピークシフト自販機と連動したAR用アプリの使用例(公式提供映像)。
↑ ピークシフト自販機と連動したAR用アプリの使用例(公式提供映像)。【直接リンクはこちら】

↑ デモコンテンツ画像(リリースより)
↑ デモコンテンツ画像(リリースより)

今回日本コカ・コーラが取り組むのは、自動販売機の設置場所で自動販売機と連動したARアプリを使うことにより、新たなインタラクティブ(相互作用、双方向)なコミュニケーションが生まれ、一見しただけでは伝わらないさまざまなコカ・コーラの自動販売機の特徴や製品の世界観を伝えることを可能とする仕組みの提供。同社が2013年から導入を開始した、日中の消費電力を95%削減できる超省エネの「ピークシフト自販機」にデザインされた「ポーラーベア」がARマーカー(AR対応アプリを稼動させる、トリガーとなるデザイン)になっており、ポーラーベアにARアプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすと、「ポーラーベア」が笑ったり、くしゃみをしたり、ピークシフト自販機の特徴である『音が全然しない』というプラカードを掲げるなど、愛らしい動きをしながら、ピークシフト自販機の特徴を伝えていく。

また、自動販売機とARアプリとの連動の一環として、全国のコカ・コーラ自動販売機の製品サンプルをARマーカーにすることで、各種製品ブランドのコミュニケーションへも活用していく。第一弾として、ARアプリをダウンロードしたスマートフォンのカメラを「コカ・コーラ ゼロ」にかざすと、2013年2月4日より放映中の「EXILE」メンバーが出演する「コカ・コーラ ゼロ」の新テレビCM『ZERO LIMIT』(ゼロリミット)篇(15秒)を見ることが出来る。

同社側では「自動販売機のデザインや商品サンプルをARマーカーとして使用した取り組み」としては世界初のものであるとした上で、「自動販売機でいつでも、どこでも、誰にでもおいしい製品をご提供するとともに、心躍る楽しさをお届けしてまいります」とコメントしている。

テレビCM『ZERO LIMIT』編を視聴中AR経由で視聴できるテレビCM『ZERO LIMIT』編はすでにテレビで放映中であり、また同社の公式アカウントでYouTube上に掲載され、誰でも閲覧することができる(【該当動画への直接リンクはこちら】)。とはいえCMは一人でも多くの人に視聴してもらうのが目的であること、そのためには消費者になりうる人への到達手段は一つでも多い方が良いことを考えると、身近にある自販機から該当商品のCMが特典的に視聴できるのは、面白い切り口に違いない。もちろん「ポーラーベア」のアピール動画は自販機のみで視聴可能であり、目の前に該当機種があることから、これだけでも付加価値を顧客に提供することが出来る。

自販機、あるいは該当商品をマーカーとし、それ経由でのみ視聴できる特典映像や限定コンテンツの配信の可能性も秘めていることを考えれば、今後の展開が楽しみな仕組みといえる。ARアプリの提供は4月頃とのことだが、本リリースを期待したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー