近鉄の駅ナカ売店など、ファミリーマートに転換へ

2013/03/02 21:00

ファミリーマートファミリーマートは2013年3月1日、近畿日本鉄道との間で駅ナカ売店・コンビニ事業について業務提携を行い、近鉄の駅ナカ売店などをファミリーマート店舗に順次転換していくことで合意したと発表した。今後近鉄はファミリーマートのフランチャイジー(チェーンストアの加盟店・企業、フランチャイズ契約を結んだ企業)となり、「ファミリーマート」のブランドで各店舗を運営していくことになる(【発表リリース】)。

今回交わされた業務提携は、近畿日本鉄道が近鉄リテールサービスに運営委託している駅構内売店を、順次ファミリーマートに転換するというもの。対象店舗はコンビニタイプの「KPLAT」13店と売店タイプの「ポケットプラット」など56店、計69店。2013年夏頃から転換を開始し、2013年度中に全店舗の転換を終える予定。

近鉄内に展開するファミリーマートは名称を「ファミリーマート近鉄○○店」とし、原則年中無休・6時-23時の営業。日配食品やたばこなどの非食品の販売の他、公共料金などの代金収納サービス、チケット販売を行う。決済サービスとしては現金の他、各種電子マネーやクレジットにも対応する。

西武鉄道内で展開されているTOMONYファミリーマートは西武鉄道との共同営業コンビニTOMONYの例にあるように、他交通機関との共同経営・フランチャイズ展開に積極的な姿勢を示している。近鉄に限っても2年前の2011年7月に、近鉄内のam/pmをファミリーマートに転換した経緯がある(【「近畿日本鉄道株式会社が運営するam/pm6店舗をファミリーマートへ転換」(2011年7月)】)。

コンビニが持つネットワークとノウハウを活かしたサービスが駅ナカで提供されることにより、駅そのものの利便性が向上し、駅が鉄道利用客、さらには周辺居住者にとっての生活の基盤として、今まで以上の貢献が期待できる。鉄道の利用価値も高まり、ファミリーマート自身もネットワークの強化につながる。関係者それぞれにメリットが期待できる今件のような話は、今後も多方面で行われることになるだろう。


■関連記事:
【ローソンと東急電鉄が駅売店型店舗を共同開発・東急線の売店すべてがローソンに】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー