ファミリーマートから春の自信作総菜パン「ブリオッシュクリームパン」「サラミソーセージピザ」発売

2013/03/10 15:00

ブリオッシュクリームパンファミリーマートは2013年3月8日、同社のオリジナルパンブランド「こだわりパン工房」から、同社の自信作として「ブリオッシュクリームパン」と「サラミソーセージピザ」を同年3月12日から同社店舗で発売すると発表した。価格はそれぞれ130円・126円(双方とも税込)。一部販売しない地域あり(【発表リリース】)。

↑ ブリオッシュクリームパン(上)とサラミソーセージピザ(下)
↑ ブリオッシュクリームパン(上)とサラミソーセージピザ(下)

春は温暖な気候に誘われる形で外出機会が増え、さらには年度の始まりで多忙なこともあり、手軽に食すことができるパンの需要が高まる時期となる。そこで同社では自信作のパンを創り上げ展開することで、パンブランド「こだわりパン工房」のさらなる支持を目指していく。

今回発売される「ブリオッシュクリームパン」(北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県での発売は無し)は、ホロッとした食感のブリオッシュ生地にカスタードクリームを絞って焼き上げた一品。洋菓子のような菓子パンをイメージしており、バターの風味がポイント。一方「サラミソーセージ」(北海道、沖縄県除く)は、ふんわりとした食感のピザ生地に濃厚なピザソースをのせ、ソフトサラミソーセージスライス、オニオン、コーン、チーズ、パセリ入りマヨネーズ風味ドレッシングをトッピングして焼き上げたもの。幅約20センチの三角形と大判サイズで、ボリューム感のある仕立てなのが特徴。

ファミマの一押し自信作マークこれらの商品は同社のイチ押し自信作として、専用のデザインマークを用意し棚に配置し、アピールをしていくとのこと。また今後も同パンブランドでは2-3種類の新商品を毎週発売し、フレッシュさをアピールしていく。

気軽に手に取れて身近な日配食品として注目を集め、顧客のハートをつかめれば定期的なセールスを期待できる菓子パンや総菜パンは、その特徴ゆえに各コンビニのパン関連のオリジナルブランドの開発競争も激化している。利用する側からすれば、それこそ月単位で様相を変えていく、色とりどりで味わいの種類も豊かなパンたちが、専用ケースにずらりと並ぶ様相は、眺めるだけで幸せを覚えてしまうもの。

そしてリリース中の指摘にもある通り、春は他の時期よりもパンへの需要が大きくなる。果たしてファミリーマートの自信作が、その言葉に裏付けされるだけの魅力を持つものなのか、確かめてみたいところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー