ダノンビオにフルーツソースとの2層仕立てなヨーグルト登場

2013/03/24 21:00

ダノンビオ「2層仕立て」ダノンジャパンは2013年3月21日、同社独自のビフィズス菌BE80が入ったヨーグルト「ダノンビオ」シリーズから、ヨーグルトとフルーツソースが2層仕立ての新商品、ダノンビオ「2層仕立て」2パックを同年3月25日から発売すると発表した。ストロベリーとアプリコットの2種類で、価格はオープン価格。内容量は85グラム×2個。賞味期限は27日間(要冷蔵10度以下)(発表リリース)。

↑ ダノンビオ「2層仕立て」(左がストロベリー、右がアプリコット)
↑ ダノンビオ「2層仕立て」(左がストロベリー、右がアプリコット)

「ダノンビオ ヨーグルト」は独自の製法プロセス(乳酸菌の選出や育成、生乳の発酵、冷却)にこだわりを見せ、それにより酸味の少ないクリーミーな口あたりを実現しているヨーグルト。また酸味をおさえているので、少しの甘みを加えるだけでバランスの取れた美味しい味が出来上がる。

構造図(パッケージより)今回発売されるダノンビオ「2層仕立て」は、ダノンビオシリーズでは初の「2層タイプ」の商品。口あたりがクリーミーな砂糖不使用のプレーンヨーグルトと、果肉たっぷりで食感まで楽しめるまろやかな甘さのフルーツソースを2層に重ねている。ふたを開けると普通のプレーンヨーグルトに見えるが、その下層にはフルーツソースが配されており、そのまますくって食べても、2層を混ぜて食べても、好きな食べ方を楽しめる。混ぜずにフルーツソースをすくって食べれば一口ごとに違った美味しさを堪能でき、混ぜながら食べればヨーグルトとフルーツソースの絶妙なバランスを味わうことができる。

元々「ダノンビオ-」は甘味を少量加えることで一層のバランスが取れた味わいを楽しめるヨーグルト。今回は最初から下層に甘いフルーツソースを収めることにより、パッケージ内で完結する形で、調和のとれた味わいを満喫することが可能となる。

通常の「ダノンビオ-」を楽しんでいる人はもちろんだが、ヨーグルト自身を好む人にも、この組み合わせは気になるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー