「遊☆戯☆王」トレーディングカードゲーム、カードゲーム大会の最多参加人数4364人で世界記録樹立

2013/03/28 09:45

遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズコナミデジタルエンタテインメントは2013年3月27日、アメリカのカリフォルニア州で開催した「遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズ」が、参加人数が最も多いトレーディングカードゲームのトーナメントとして、ギネスワールドレコーズから世界記録認定を受けたことを発表した。以前2011年6月に【コナミの「遊☆戯☆王」カード、3月末で251億7000万枚を売上・ギネス記録更新】でお伝えしたように、「遊☆戯☆王」カードは世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲームとしても認定されており、今回で2つめのギネス世界記録認定となった(【発表リリース】【解説該当ページ、記事執筆時点、英語】)。

↑ 該当大会開催の様子
↑ 該当大会開催の様子

↑ 該当大会のロゴ
↑ 該当大会のロゴ

「遊☆戯☆王」カードは1996年から集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載された「遊☆戯☆王」(原作:高橋和希氏)、および原作マンガを映像化したアニメ「遊☆戯☆王」シリーズ(日本ではテレビ東京系列他にて『遊☆戯☆王ZEXALII』が放送中)を題材とした対戦型カードゲーム。コナミが1999年から発売を開始し、日本、北米、欧州を中心に、全世界で販売している。

今回ギネス認定を受けた「遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズ」は、コナミデジタルエンタテインメントが北米や中南米、欧州などで2002年から毎年定期的に開催している「遊☆戯☆王」カードの大規模なトーナメント大会。世界記録に認定された直接の大会は2012年3月24日、25日にカリフォルニア州ロングビーチで第100回記念として開催されたもの。参加人数は4364人となり、前世界記録を2000人以上上回っての世界記録認定となった。

これまでの世界記録保有大会は2010年にスペインで開催されたMagic:the Gatheringの大会「The Magic Grand Prix Madrid 2010」で2227人。その後2013年2月に開催された「2013」でそれを上回る2693人が記録されたが、今件「遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズ」には及んでいない。


↑ 「遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズ」第100回記念大会のようす。各種イベントも同時展開されたようだ。
↑ 「遊☆戯☆王チャンピオンシップシリーズ」第100回記念大会のようす。各種イベントも同時展開されたようだ。【直接リンクはこちら】

欧米諸国ではカードゲームやボードゲームの類も「大人のたしなみ」的な社会的地位を確保しており、老若男女が楽しめる土壌が形成されている。このような大規模な大会が開催され、好評を博するのも、ひとえにこのような土壌・社会事情があってこそ。日本でも同様の大規模大会が形成される、浸透と社会認識が成されて欲しいものである。


(c)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・制作/KONAMI
ギネス世界記録/ギネスワールドレコーズはギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー