楽天ポイントギフトカード、ファミリーマートで先行販売開始

2013/04/02 09:45

楽天ポイントギフドカードファミリーマートは2013年4月1日、楽天グループ内のさまざまなサービスで「1ポイント=1円」として利用できる楽天スーパーポイントのプリペイドカード「楽天ポイントギフトカード」を、同年4月1日から全国の同社店舗約9500店のPOSAカード(レジでの支払いが確定した時点で、はじめて対象のカードが利用可能となる(有効化される)カード。Point of Sales Activation)売り場で独占先行販売すると発表した。販売金額は3000円・5000円・10000円の3種類(発表リリース)。

↑ 楽天ポイントギフドカード
↑ 楽天ポイントギフドカード

今回の「楽天ポイントギフトカード」発売開始により利用者はファミリーマートの店頭で購入後、すぐに楽天市場や楽天ブックス、楽天オークションなどの、楽天グループが提供する多彩なサービスで、購入した分だけの楽天スーパーポイントを利用することができる。そのためクレジットカードを持っていない人、銀行での振込みの手間を省きたい人には、便利な支払い手段の選択肢となる。また他人への譲渡も可能なため、ギフト券としても使える。

具体的な利用方法は「店内POSAカード売り場から該当カードを持参」「レジで代金を支払う」でカードがアクティブ化。あとは専用のウェブページでカード裏面のPIN番号を入力することで、楽天スーパーポイントが獲得できる。なおポイントの有効期限は購入後6か月間となる。

また今回の発売を記念し、カードの購入・ポイントを受領した人の中から抽選で1万名に「楽天スーパーポイント」を500ポイントプレゼントするキャンペーンが行われる。これは楽天会員ID・パスワードにてログイン後、「楽天スーパーポイントを受け取る」ボタンをクリックした時点で自動的に応募したことになる。期間は2013年4月1日から22日(応募締め切りは30日)、当選者には同年5月31日までに500ポイントが付与される(有効期限は2013年8月31日まで)。

今件カードは楽天市場をはじめ楽天グループのサービスを多用している人には、入手も容易で何かと便利なカードになるに違いない。またリリースでも「他のコンビニエンスストアに先駆けて、『楽天ポイントギフトカード』を取り扱うことで、楽天会員のさらなる利便性向上はもちろんのこと、お客さまの来店動機の創出に繋げてまいります」と記述しており、今カードの取り扱いが多分に「お客の来場機会創生」に注目してのことだと推測できる。ならば今後、さらに取扱いの(プリペイド)カードの類は増え、便利さを増していくことになるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー