モスバーガー、デザートブランド「カップパティシエ」を創設・5メニューを展開

2013/04/07 20:00

カップパティシエモスバーガーを展開するモスフードサービスは2013年4月5日、同年4月23日から同社のプライベートブランドとしてデザートブランド「カップパティシエ」を立ち上げ、第一弾として5つのメニューを4月23日から9月下旬まで同社店舗で発売すると発表した。同社がデザート商品カテゴリの総称として、ブランド名をつけるのは今回が初めてとなる(発表リリース)。

↑ 「カップパティシエ」のロゴデザイン(左)と代表作シューポットシェイク(右)
↑ 「カップパティシエ」のロゴデザイン(左)と代表作シューポットシェイク(右)

モスバーガーでは、以前より食べるシェイクでお馴染みの「玄米フレークシェイク」や、凍ったままのケーキを片手で手軽に楽しめる「フローズンケーキバー」、秋冬の定番デザート「玄米餅のおしるこ(粒あん)」など、同社独自のオリジナリティにあふれたデザートを発売し、好評を博してきた。今回は、モスオリジナルのシュー生地のなかにカスタードとシェイクを入れた「シューポットシェイク」をはじめ、いくつかの新商品を展開し、さらに利用客に一層馴染んでもらうため、「カップパティシエ」という分かりやすい呼び名のブランドを新設する。

今回発表された新商品は次の通り。価格はすべて税込。

●シューポットシェイク(バニラ/ストロベリー/コーヒー)(各380円)
↑ シューポットシェイク
↑ シューポットシェイク

モスオリジナルのカップ型シュー生地の中にカスタードが入り、その上から好みのシェイク(バニラ、ストロベリー、コーヒー)を入れて提供される、新感覚のデザート。店内で食する場合はマグカップ、持ち帰りでは専用のテイクアウトカップで提供される。

●レアチーズケーキ オレンジソース(300円)
↑ レアチーズケーキ オレンジソース
↑ レアチーズケーキ オレンジソース

オレンジピールを入れた本格的な味わいのオレンジソースに、ふんわりとした食感ながらさっぱりとしたチーズの味わいが楽しめるレアチーズムースをプラス。その上に、オレンジ果肉入りのゼリーをのせている。

●カシスムース ミックスベリーソース(300円)
↑ カシスムース ミックスベリーソース
↑ カシスムース ミックスベリーソース

カシスとフランボワーズの2種類のベリーを使用したソースに、口当たりの軽いさっぱりとした味わいのカシスムースをプラス。ブルーベリー、クランベリー、カシスの果実が入ったミックスベリーソースをかけて提供される。

●コーヒーゼリーケーキ 香るビター(330円)
↑ コーヒーゼリーケーキ 香るビター
↑ コーヒーゼリーケーキ 香るビター

コーヒーシロップを浸み込ませたスポンジケーキに、練乳ムースを重ねて、ココアスポンジケーキとコーヒーゼリーを小さくカットしてトッピングし、その上からコーヒークリームをかけましている。

●みつまめ 白あんゆず風味(330円)
↑ みつまめ 白あんゆず風味
↑ みつまめ 白あんゆず風味

ゆず風味の白あんと、赤えんどう豆、うぐいす豆、みかんを合わせたゼリーに、きな粉をまぶしたわらび餅と抹茶風味のホイップクリームをトッピング。甘みを抑えたゼリーは、お豆やみかんの味わいを引き立て、ゆず風味の白あんが味のアクセントになっている。

今回モスがブランドを新設した背景には、昨今、大手コンビニが独自のスイーツブランドを立ち上げ、人気を集めていることに対抗する意味合いもある。リリース中にも購入者自身が食するだけでなく、手土産としても利用してほしいと勧めている点もコンビニスイーツの利用スタイルに類しており、ライバル意識を露わにしている。また今回のブランド立ち上げに際し、モス側ではスイーツと良く似合うアイスコーヒーについてもリニューアルを行っている。

味わいにこだわりを見せるモスがスイーツ分野でも今まで以上の本気、かつやる気を出したと見える「カップパティシエ」ブランド。実際の個々商品の味わいはもちろんだが、今後どのような展開を繰り広げていくのか、スイーツ好きな人にとっては楽しみに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー