栃木県足利市名物「ソースカツ丼」、ローソンで地域・数量限定で発売

2013/04/10 09:45

ソースカツ丼ローソンは2013年4月8日、同年4月9日から関東・甲信越の同社店舗(ナチュラルローソン、ローソンストア100を除く)において、栃木県足利市で人気のカツ丼を再現した「足利ソースカツ丼」を数量限定で発売すると発表した。価格498円(発表リリース)。

↑ 足利ソースカツ丼
↑ 足利ソースカツ丼

ローソンは2011年4月に栃木県と包括提携協定を締結。この協定に伴い、例えば2011年4月には「栃木県産豚肉の焼肉重」「じゃがいも入り焼そばロール」「まるごと入ったとちおとめいちごのシュークリーム」のような、栃木の名物や名産品を用いた商品を展開している。

今回発売されるのも栃木県足利市の名物の一つ、「ソースカツ丼」を再現したメニュー。厚めに切ったロースカツを和風ソースに漬けたもので、隠し味のウスターソースのほんのりとした辛みが食欲をそそる。4切れぎっしりと、ご飯がほとんど見えないほどに丼の上へと配されたその様相は、食べる前から大いなる充実感を味あわせてくれる。

ソースカツ丼が足利市がの名物であるとの話は、例えば【<足利>食事処「繁」 食通認めるソースカツ丼(下野新聞)】において、足利市食事処「繁」のレポートなどで知ることが出来る。また同市の観光協会でも【「ダウンタウンDX」で紹介された「ソースカツ丼」情報!】と、「日本一うまいソースカツ丼」についての言及がある。

数量はともかく地域限定発売なのが惜しいほど、丼系、揚げ物系好きな人の心をひきつける魅力を持ち合わせた「ソースカツ丼」。機会がある人は、ぜひ一度お試しあれ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー