1皿105円のスシロー、一部店舗で189円の「吟味ネタ」導入

2013/04/17 06:55

吟味ネタ全皿105円の回転寿司スシローを運営するあきんどスシローは2013年4月16日、現在関西圏の一部店舗で展開している189円の商品ラインアップ「吟味ネタ」について、同年4月から首都圏店舗でも展開する「スシロー189」プロジェクトを開始すると発表した。キャッチコピーは「2皿以下の値段で2皿以上のバリューを」(発表リリース)。

↑ 189円の商品ラインアップ「吟味ネタ」
↑ 189円の商品ラインアップ「吟味ネタ」

同社では「うまいすしを腹一杯。」を企業理念に掲げ、全皿105円の価格で各種お寿司を提供しているが、素材によっては同価格では難しいものもあった。そこで「スシロー189」プロジェクトとして1皿189円の商品を提供することにより、105円では不可能だった贅沢ネタが展開できるようになり、より幅広い需要に応えられることとなった。また189円という価格は、上記にもある通り2皿以下の値段で2皿以上のバリュー(価値)との意味合いがあるとのこと。

同プロジェクトでは毎月、その時の旬な厳選ネタを提供していくことになる。商品は時期や店舗によって異なるが、以下は関東地域・4月における販売商品一例。

・特ネタ本鮪中とろ
・炙り上穴子
・炙り金目鯛
・長崎県産活〆しまあじ

●ららぽーと柏の葉店限定商品
・活蝦夷あわび
・宮城県産生サーモン
・鹿児島県大隅産炙り上うなぎ
・特ネタ本鮪大とろ
・生ほたて
・生うに
・店内茹で天然大えび
・手巻き国産生サーモン
・手巻き上鉄火

今プロジェクトは4月の本格展開を皮切りに、2013年8月までに全店舗への導入を目指すとのことである。寿司好きにとっては選択の幅が広がることになる今回の新メニュー導入、ちょっとした朗報に違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー