缶コーヒーの「大人ワンダ」で2本に1つ「働く船」のおもちゃがついてくるキャンペーン実施

2013/04/20 10:00

PLH型巡視船 ちくぜんアサヒ飲料は2013年4月16日、同社が発売している缶コーヒー「大人ワンダ」のスタンダード缶(185グラム)において、2本に1個、プルバック式のおもちゃ「動く船コレクション」を景品としてつけるキャンペーンを、同年4月23日から開始すると発表した。水陸両用。全5種類。全国のコンビニエンスストアで展開。取り扱いの無い店舗・景品のついていない該当缶コーヒーもある。景品の在庫が無くなり次第終了([発表ページ])。

↑ 働く船コレクション(水陸両用プルバック)
↑ 働く船コレクション(水陸両用プルバック)

ワンダ缶2本につき1つ今回キャンペーンが行われる対象となるのは、アサヒ飲料から発売している「ワンダ 大人ワンダ ザ・スタンダード」。この缶2本につき1個の割合で、「働く船コレクション」がついてくる。スタイル的には右写真にある通り缶2本の上部に楕円型の半透明の容器がかぶさっており、その容器内に該当の船が収まっている。なお容器は透けているため、中にどのような種類が入っているのかを事前に確認することが可能。

景品の種類は全5種類。いずれも陸上・水上双方での走行が可能なプルバック方式(地面に当てたまま後ろに引くことでゼンマイばねが巻かれ、手を放すことでその復元力によって移動するもの)の船。

↑ TOKYO CRUISE ホタルナ(HOTALUNA)
↑ TOKYO CRUISE ホタルナ(HOTALUNA)

↑ フェリー さんふらわあ
↑ フェリー さんふらわあ

↑ 流氷砕氷船 ガリンコ号II
↑ 流氷砕氷船 ガリンコ号II

↑ PLH型巡視船 ちくぜん
↑ PLH型巡視船 ちくぜん

↑ LNGタンカー
↑ LNGタンカー

アサヒ飲料ではこれまでにも似たようなスタイルで「働く乗り物シリーズ」とし、数々の景品を展開してきた(建機などが知られている)。今回は初めて「船」にスポットライトをあてているのがポイント。

船そのものはいずれも実物と比べると、寸胴型のいわゆる「SDスタイル」な形状。それがかえって可愛らしさを増すポイントとなり、魅力を付加させてくれる。小さな置物として飾っても素敵に違いない。そして床やテーブル、そして水上で健気に走り回るその姿には、多くの人がほれ込むことだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー