ローソンの「MACHI cafe」で「宇治抹茶ラテ」期間限定発売

2013/04/20 20:00

宇治抹茶ラテローソンは2013年4月19日、同年4月23日から全国の同社店舗のうちコーヒースタンドMACHI cafe導入店舗において、新商品の「アイス宇治抹茶ラテ」「宇治抹茶ラテ(ホット)」を同年秋までの期間限定で発売すると発表した。価格はそれぞれ240円、Pontaカード会員なら210円(税込)(発表リリース)。

↑ アイス宇治抹茶ラテ(左)と宇治抹茶ラテ(ホット)(右)
↑ アイス宇治抹茶ラテ(左)と宇治抹茶ラテ(ホット)(右)

オリジナルコーヒーマシン「ハーモニーTouch」【そういやローソンも挽きたてコーヒーは展開を始めてたんだっけ】でも紹介しているが、「MACHI cafe」はローソンの一部店舗で展開している(2011年1月から導入開始)、オリジナルコーヒーマシン「ハーモニーTouch」によるコーヒースタンド。2013年3月末時点で約3000店舗にまで規模を拡大している。同社では2014年2月頃までに5000店舗へと運用店舗数を拡大する予定。

大手コンビニが集客アイテムとして相次ぎコーヒーマシンを導入しているが、ローソンもその例にもれず、逐次その導入率を高めている。またこのスタンド向けの焼菓子とのコンセプトで創られたブランド「MACHI cafe 焼菓子」は、コーヒーに良く合う手軽な洋菓子シリーズとして好評を博している。

今回発売される「宇治抹茶ラテ」は、京都にある辻利一本店の宇治抹茶を使用し、美味しさや成分を残す特別な加熱方法で製造した牛乳で仕上げている。宇治抹茶の程よい苦味やコクに牛乳の自然な味わいを合わせており、春夏限定のメニューとなる。

「MACHI cafe」では既存メニューのうち牛乳を用いた「ラテメニュー」が女性に人気で、「カフェラテ」「アイスカフェラテ」も好評を博している。今回は独特の渋みと旨みを持つ宇治抹茶によるラテの登場ということで、特に中堅層以上の女性から注目を集めるものと思われる。目にも優しい緑色は、見た目にもうるおいを与えるだろう。

またリリースでも「コンビニエンスストアのコーヒーサービスで、“フレーバーメニュー”を提供しているのは、ローソンのMACHI cafe だけ」としており、独自性とその魅力を強調、同業他社とのアドバンテージをアピールしている。これから気温が上がるにつれ、特に「アイス宇治抹茶ラテ」は美味しくいただけるに違いない。


■関連記事:
【ローソンの洋菓子新ブランド「MACHI cafe 焼菓子」】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー