「LINEごっこ」が楽しめるスマートフォン型のおもちゃ「LINE TOWN MY TOUCH」タカラトミーから発売

2013/04/24 06:55

ラインタウン マイタッチタカラトミーは2013年4月23日、無料通話・メールアプリ「LINE」のオリジナルキャラクターを同年5月30日から各種玩具に展開すると発表した。スマートフォン型玩具で「LINE」ごっこを楽しめる「LINE TOWN MY TOUCH(ラインタウン マイタッチ)」をメインをはじめ、全部で22種類の発売となる。「ラインタウン マイタッチ」の価格は6825円(税込)、色はグリーン・ピンク・ブルーの3種類。サイズは65×124×20ミリ、重量は約80グラム。単四アルカリ乾電池3本使用(別売)(発表リリース)。

↑ LINE TOWN MY TOUCH(ラインタウン マイタッチ)(画像ははめ込み合成)
↑ LINE TOWN MY TOUCH(ラインタウン マイタッチ)(画像ははめ込み合成)

「LINE」とはLINE株式会社から提供されている無料通話・無料メールアプリ。世界230以上の国や地域で利用され、ユーザー数は世界で1億4000万人、日本国内で4500万人を超えている。今回登場する玩具群は「LINE」のイメージキャラクター達を玩具化したもの。スタンプコレクションや積み上げフィギュア、タブレット用ロボットクリーナーなどが随時発売される。

↑ オートミーS LINEキャラVer.(左)とLINE TOWN スタンプコレクション(右)
↑ オートミーS LINEキャラVer.(左)とLINE TOWN スタンプコレクション(右)

中でもメイン商品となるのは、スマートフォンの形をした「LINE TOWN MY TOUCH(ラインタウン マイタッチ)」。「LINEトーク」をスマートフォンを持たない子供でも疑似的に楽しめるようにとのコンセプトで開発されたもので、カラー液晶画面や、スライドタッチ操作など、スマートフォンの擬似体験を楽しむことができる。さらに本体同士を接触させ、近距離通信することで他人の端末とのメッセージやスタンプ交換を可能にしている。他にも、キャラクターが住む街「LINE TOWN」をにぎやかにしていくゲームや、キャラクターからメッセージが届きコミュニケーションが楽しめる遊びも充実している。

「ラインタウン マイタッチ」の主な仕様は次の通り。

1.ブラウンやコニーなどLINEキャラクターとメッセージやスタンプの交換
内蔵時計の時刻やゲームの達成状況、利用者が送ったスタンプ内容によって、LINEのキャラクターからメッセージやスタンプが届き、キャラクターとのコミュニケーションをとることができる。進めていくうちに他のキャラクターが紹介され、それに伴い遊べるミニゲームや、「LINE TOWN」の住人が増えていく。

2.メッセージやスタンプ、プロフィールの交換
NFC(近距離無線通信技術)により、本体同士の背中を接触させて行う「タッチ通信」でメッセージやスタンプ、プロフィールの交換ができる。

3.ミニゲームで遊んでポイントをため、スタンプのコレクションが可能
絵合わせ、脳トレ、じゃんけんやカードめくりなどのゲームをクリアすることで、交換できるスタンプの種類が増え、コミュニケーションが取れるキャラクターが増えていく。

4.キャラクターが住む街「LINE TOWN」を発展させられる
アニメと連動した「LINE TOWN モード」では、キャラクターたちが暮らす街をにぎやかにしていくゲームが楽しめる。遊びを進めるにつれ、街が発展し、住んでいるキャラクターも増えていく。

大人の真似をしたがるのは子供の常。スマートフォンの普及率が高まるにつれ、大人が操作をしている様子を見て同じようなことをしたくなる子供も増えてくる。すでに【スマートフォンの浸透ぶりを玩具コーナーで実感】などでも紹介しているが、スマートフォンの形状をした子供向け玩具は多数見受けることができる。

今回発売される「ラインタウン マイタッチ」では、一人用ゲームのように内部キャラクタとのやりとりを楽しめるだけでなく、NFCを用いて他人との間でメッセージ交換なども出来るのがポイント。大人の名刺交換的な、あるいは交換日記的な使われ方もされることだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー