「濃い抹茶ババロア」など抹茶スイーツ、ファミリーマートで続々登場

2013/05/04 20:00

一番摘み抹茶のモンブランファミリーマートは2013年5月2日、同社のプライベートブランドのスイーツ部門「Sweets+」の新商品として、「一番摘み抹茶のモンブラン」(250円)・「濃い抹茶ババロア」(230円)・「特製つぶあん添え濃抹茶プリン」(148円)を同年5月7日から(モンブランは5月10日から)全国の同社店舗(一部除く)で発売すると発表した(発表リリース)。

今回発売される抹茶スイーツ群は、新緑の季節に合わせたもので、抹茶の旨みと苦みを活かした品ぞろえとなる。

●一番摘み抹茶のモンブラン(250円・税込)(5月10日)
↑ 一番摘み抹茶のモンブラン
↑ 一番摘み抹茶のモンブラン

香り高い「一番摘み茶」の抹茶を使用した和風モンブラン。スポンジ生地の上に抹茶ゼリー、小倉クリームをトッピングし、抹茶クリームをしぼり、抹茶ソースで飾っている。一年の一番初めに摘んだ茶葉を使った「一番摘み茶」は香り高くコクがあり、さわやかな苦みが特徴だが、その旨味を活かすため、抹茶尽くしの一品として仕上げられている。

●濃い抹茶ババロア(230円・税込)(5月7日、北海道・宮崎県・鹿児島県・沖縄県を除く)
↑ 濃い抹茶ババロア
↑ 濃い抹茶ババロア

宇治抹茶を使用したほどよい苦みの抹茶ババロアに、練乳を加えたホイップクリームと、北海道産小豆の粒あんをトッピング。

●特製つぶあん添え濃抹茶プリン(148円・税込)(5月7日、北海道・沖縄県除く)
↑ 特製つぶあん添え濃抹茶プリン
↑ 特製つぶあん添え濃抹茶プリン

上品な香りの宇治抹茶を使った、濃厚でなめらかな抹茶プリン。別添えの小袋に入った、甘さ控えめのつぶあんを添えて食する。

いずれもがパッケージ、中身共に抹茶の緑が映える、季節感を覚えさせるスイーツとなり。この時期ならではの旨みを心行くまで堪能できよう。特に「一番摘み抹茶のモンブラン」はさまざまなスタイルで抹茶を取り入れており、抹茶尽くしの味わいを楽しめるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー