「ポケモントレッタ」をニンテンドー3DSで楽しめる「ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS」登場

2013/05/10 09:45

ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DSポケモンとタカラトミーアーツ、マーベラスAQLは2013年5月9日、3社が業務用ゲーム機として展開している「ポケモントレッタ」の遊びを任天堂の携帯ゲーム機ニンテンドー3DSで楽しむことが出来る「ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS」を同年8月10日から発売すると発表した。価格3800円(税込)。ニンテンドー3DSにセットすることで「ポケモントレッタ」(配出物、パック)を読み込み、さまざまな情報を確認し、アーケード機での戦いに活かせる仕組みとなっている。単三電池3本が必要(別売り)(発表リリース)。

↑ ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS
↑ ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS

「ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS」は“アミューズメントゲームで集めた「トレッタ」(ゲーム内で捕えたポケモンの各種データが織り込まれた提供物。実物として手に出来るため、「ポケモンゲット」をリアルに体感できる)を家でも楽しめないか”という想いから生まれた商品。ニンテンドー3DS(3DS LL含む)本体をセットして「トレッタ」の情報を読み取ることができる「トレッタスキャナー」とダウンロードソフト「ポケモントレッタラボメインシステム」のセットで、ニンテンドー3DSでトレッタを読み込むことのできる初の商品となる。

「ポケモントレッタラボメインシステム」は商品に同梱されている二次元コードからアクセスし、無料でダウンロードできる(3DS本体をインターネットに接続することが必要)。スキャナーに「トレッタ」をセットすれば、そのトレッタの情報を読み取ることになる。

読みこんだトレッタのデータは3つのモードで確認、研究ができる。

1:トレッタアナライザー
↑ トレッタアナライザー
↑ トレッタアナライザー

読み込んだ「トレッタ」の情報を表示するモード。バトルに役立つ情報はもちろん、そのポケモンの強さも分かる。3D表現も行われる。

2:タイプチェッカー
↑ タイプチェッカー
↑ タイプチェッカー

「トレッタ」を読み込んで、「トレッタ」同士のタイプ相性をチェックするモード。まだ手に入れていない「トレッタ」をリストから選択してチェックすることで、次のポケモンをつかまえるための作戦を練ることもできる。

3:オートバトル
↑ オートバトル
↑ オートバトル

『ポケモントレッタラボ for ニンテンドー3DS』だけのオリジナルのバトルを楽しむことができるモード。自分の持っている「トレッタ」を使って、次々現れる相手とバトルしたり、「トレッタ」を2枚読み込んで、色々なルールを決めて友達とバトルすることができる。

なお今商品には今夏の映画で活躍するポケモン「ミュウツー」「イーブイ」「ルカリオ」の3枚のオリジナルトレッタが同梱されており、購入後すぐに上記3種類のモードを楽しむことができる。さらに早期購入者特典(数量限定)として「ポケモントレッタ」では初登場のポケモン「ピチュー」もついてくるとのこと。

ゲームセンターなどの筐体がある場所以外でも「トレッタ」の中身を確認し、さらにさまざまな検証ができる。「ポケモントレッタ」を楽しんでいる人には珠玉の価値ある一品となるに違いない。


(c)2013 Pokemon. (c)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Developed by T-ARTS and MAQL


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー