映画「体脂肪計タニタの社員食堂」とのコラボ弁当2種、ローソンから発売

2013/05/15 10:45

チキンのゴマ サルサソースローソンは2013年5月14日、全国の同社店舗(ローソンストア100は除く)において、同年5月25日から全国で公開される映画「体脂肪計タニタの社員食堂」との共同企画によるお弁当「チキンのゴマ サルサソース」を同年5月21日に、「アボカドとチーズのトマトカレー」を同年6月4日から発売すると発表した。価格はそれぞれ590円(税込)(発表リリース)。

↑ チキンのゴマ サルサソース(上)とアボカドとチーズのトマトカレー(下)
↑ チキンのゴマ サルサソース(上)とアボカドとチーズのトマトカレー(下)

今回発売する2種類の商品は、映画「体脂肪計タニタの社員食堂」の中に登場するレシピを商品化したもの。いずれもタニタ社員食堂のレシピコンセプトを参考に、熱量は500キロカロリー以下に、塩分は3グラム以下に抑えた、野菜豊富な栄養バランスの良い弁当に仕上げている。

●チキンのゴマサルサソース(5月21日発売)
・446kcal、食塩相当量2.8グラム、野菜使用量(加熱前)約190グラム
・1日の野菜摂取目安量の1/2以上の野菜を摂取できる。
・余分な脂分をカットするため皮を取り除いた鶏もも肉を使用し、白ゴマをまぶして焼き上げた。サルサソースの酸味と辛味で、塩分がひかえめでもおいしくいただける味わいに。大きめにカットしたにんじん、れんこん、ブロッコリー、かぼちゃは固ゆでにして食感を残し、よくかむことで満腹感を得られる。使用しているご飯は五穀米。

●アボカドとチーズのトマトカレー(6月4日発売)
・392kcal、食塩相当量1.9グラム、緑黄色野菜使用量(加熱前)約95グラム
・1日の緑黄色野菜摂取目安量の2/3以上の野菜を摂取できる。
・カレーソースの半分にトマトソースを使用してコクと旨みを加え、カロリーを抑えることに成功。アボカドソースにはチーズを加えて、まろやかな味わいにしている。食べ応えのある大きめにカットした野菜と付け合わせのサラダで、栄養バランスのよいカレーに仕上げられているのがポイント。

ローソンでは2011年2月からタニタ社員食堂の「栄養バランスに配慮しつつ野菜をたっぷり使い、カロリーと塩分を抑える」という考え方を元に、タニタとの共同企画による商品をナチュラルローソンで販売。これが女性層から大きな反響を集め、2012年9月からは全国のローソンでも販売を始めている。コンビニ弁当ではやや高値の価格帯での提供ながら、健康志向の30代以上の男性からも支持を集めているとのこと。

今回発売される2品は、そのタニタの社員食堂をテーマにした映画に登場するレシピを体現化しており、当然熱量などの決まりごとは遵守した上での商品となる。映画の話題性も合わせ、これまでのタニタ社員食堂系のお弁当以上に注目を集めるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー