西友で500グラム超・298円の「デカうま」弁当新メニュー「特盛チキンカツ弁当」登場

2013/05/15 15:45

特盛チキンカツ弁当合同会社西友は2013年5月14日、同社が展開している298円弁当「デカうま」シリーズの新メニューとして「特盛チキンカツ弁当」を、同年5月16日から全国の西友と惣菜専門店「若菜」で発売すると発表した。価格は298円(発表リリース)。

↑ 特盛チキンカツ弁当
↑ 特盛チキンカツ弁当

今回発売されるお弁当は、男性に人気のあるチキンカツ(約120グラム)を盛り付けたもの。ご飯の量(大盛り規格の270グラム)や副菜(ナポリタンなど)の量を増やし、従来品の弁当に比べ約35%増の500グラム超のお弁当に仕上げている。また、西友の惣菜部門を担う100%子会社「若菜」の自社工場で製造することでコストを抑え、298円の価格を実現している。

西友では20-30代の男性をターゲットにした500グラムを超えるボリュームの298円弁当「デカうま」シリーズを2013年3月23日より発売。第一弾として若い男性に人気の高いメニュー「ハンバーグ」「唐揚」の2種類の弁当を展開し、大きな反響を集めている。

元々同社では2009年から298円弁当を提供していたが、この3月には今回「特盛チキンカツ弁当」が登場する量重視の「デカうま」弁当、低カロリーや健康に配慮した「うまヘルシー」弁当として再区分の上にて展開。発売以来人気はさらに高まり、同弁当の売り上げは前年比で約50%増を記録している。

西友では今後も季節やトレンドに合わせ、逐次「デカうま」弁当シリーズの見直しを実施するとしている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー