愛猫の写真が主役のソーシャルメディア「キャットゴー」オープン

2013/06/05 14:45

キャットゴーペットゴーは2013年6月4日、愛猫の写真をテーマにしたソーシャルサイト【「キャットゴー」(http://catgo.petgo.jp/)】を同日にオープンしたと発表した。猫たちの写真を投稿し、シェアすることができる他、猫同士でのつながりを楽しめる(【発表リリース】)。

↑ キャットゴー
↑ キャットゴー

「キャットゴー」は、愛猫の写真を投稿して、飼い主同士で愛猫の写真をシェアし、コミュニケーションを図るソーシャルメディア。5月にオープンした愛犬向けの【「ドッグゴー」(http://doggo.petgo.jp/)】に続くサービス展開となる。

写真投稿事例。「コメント」「いいニャン」なども確認できる今サービスでは飼い主では無く、猫が主役。自分の愛猫や猫が好きな物の写真の投稿の他、猫同士でのフォローのし合い、お気に入りの写真に「いいニャン」(Facebookでの「いいね!」に相当)し合うことで、猫友達を作ることが出来る。また写真へコメントをしたり、猫に対し「ごほうび」としてバーチャルなアイテムを提供できる仕掛けも用意されている。

ペットが主役となるため、利用者本人の会員登録に加え、ペットの猫の登録が必要(複数登録可)。猫同士でフォローをし合い、つながりを形成することで、飼い主が愛猫に関する情報交換などが出来る環境の形成が期待できる。

さらに各種制限はあるが、写真の投稿や「いいニャン!」など「キャットゴー」内の各種アクションで、ペットゴーが運営するペット用ウェブストア【ペットビジョン(http://www.petgo.jp/)】のポイントが貯まるキャンペーンも実施される(7月1日午前11時59分までの期間限定)。

イメージ的には写真投稿がメインとなるソーシャルメディア「Pinterest(ピンタレスト)」の猫版的な感の強い「キャットゴー」。元々猫好きな人は愛猫を動画や写真にとらえ、Facebookやツイッター、ブログやYouTubeなどに掲載していたが、今回「猫専用の」と銘打つ形で披露場がオープンしたことにより、どのような動きが見られるか。そしてサービス自身がどこまで盛況化し、猫の楽園として盛り上がっていくか。注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー