スタバのエナジードリンク「ベリーベリーハイビスカス」「クールライム」登場

2013/06/06 09:45

スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカスなどスターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは2013年6月5日、エナジードリンクの「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「同 クールライム」を、同年6月25日からセブン-イレブンで先行発売すると発表した。それぞれ200ミリリットル缶で価格は191円(税抜き)(【発表リリース】)。

↑ 「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「同 クールライム」
↑ 「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「同 クールライム」

相次ぐ「エナジードリンク」(エネルギー補給を訴求し、カフェインやアルギニンなどの成分を含有した炭酸飲料。JAS規格上では清涼飲料に分類されている)の発売からも分かるように、昨今日本では若年層を中心に、エナジードリンクの需要が高まっている。リリースによれば2012年の販売数量は、2009年と比べて約6倍の規模にまで成長し、市場も拡大の一途をたどっている。

このような状況の中、今回スターバックス ブランドの新しい缶入りエナジードリンクとして「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「同 クールライム」の両商品が登場することとなった。

個々の中身の特徴としては、グリーンコーヒーから抽出したカフェイン、そして高麗人参エキス、ビタミンB6などの「エナジー成分」に、心地よい刺激の炭酸と、適度な度合いの酸味の果汁を加えることにより、「リフレッシュしたい時に、エナジーチャージと爽やかな味わいを楽しめる」エナジードリンクに仕上げられている。「ベリーベリーハイビスカス」はベリーの味わいとハイビスカスの香り、「クールライム」はライムの味わいとミントの香りがポイントの中味に仕上ている。

元々今商品シリーズは昨年からアメリカでオレンジメロン味やストロベリーレモネード味などが発売されている(【公式サイト】)。今回の発売にあたり、風味は日本向けに合わせてのものとなっている。

またパッケージには「スターバックス」のロゴを正面に配し、メタリックな銀を基調に、果汁由来の美味しさを表現した、スタイリッシュで品質感のあるパッケージデザインで創られている。分量は飲みきりにぴったりな200ミリリットル缶を採用した。

同社では今回のエナジードリンク2種品目について、「リフレッシュしたい時にもぴったりの大人向けのエナジードリンク」として市場にアピールしていくとコメントしている。

スターバックスのロゴはそれ自身がブランド力を持ち、商店の商品棚でも目立つ存在。そのロゴを配した、しかもシンプルですっきり感をかもすエナジードリンクの登場となれば、気になる人も多いに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー