いちごチョコ&ヨーグルト味とマンゴー味が限定詰め合わせ…「ピノ シーズンアソート」期間限定発売

2013/06/14 15:45

ピノ シーズンアソート森永乳業は2013年6月13日、同年6月17日から期間限定で、同社のアイスクリームシリーズ「ピノ」から「ピノ シーズンアソート」を発売すると発表した。26粒入りでバニラ・いちごチョコ&ヨーグルト味・マンゴー味入り。価格は500円(税別)。また同時期に「ピノ チョコアソート」も夏季限定パッケージで発売する。こちらは26粒でバニラ・アーモンド味・チョコ味入り。価格は500円(税別)。双方とも8月までの発売(【発表リリース:「ピノ シーズンアソート」6月17日(月)より全国にて、期間限定発売のお知らせ】)。


↑ ピノ チョコアソート(左)とピノ シーズンアソート(右)

「ピノ」は1976年に発売した一口タイプの小型アイス。チョコとアイスが口の中で絶妙に溶け合うのが特徴で、言葉通り「おつまみ」感覚で食することができることもあり、老若男女を問わずファンが多い。また多種多様な味わいが用意されており、その味の組み合わせがまた楽しい。

今回はこの夏だけの味わいとして「ピノ シーズンアソート」を展開する。中味はヨーグルトアイスをいちごチョコでコーティングした、フルーツヨーグルトのような味わい「いちごチョコ&ヨーグルト味」と、アルフォンソ種のマンゴーピューレ(果物をすりつぶして裏ごしし、とろみのある半液体状にしたもの)を使用した果汁12%のマンゴーアイスを、ミルクチョコでコーティングした「マンゴー」を用意(各7粒ずつ)。そしておなじみの「バニラ」(12粒)を加えて3種類を詰め合わせている。

さらにパッケージには夏の季節感を表現したさわやかな色彩のデザインを採用し、見た目にも楽しい気分を感じることができる。

一方同時期に展開されるのは、既存の味わい「バニラ」「アーモンド味」「チョコ」を織り交ぜた「ピノ チョコアイス」。パッケージデザインのスタイルを「ピノ シーズンアソート」と合わせる形とし、夏らしさを演出している。

ピノのファンはもちろん、アイス好きな人には、夏のみとのふれこみの「いちごチョコ&ヨーグルト味」「マンゴー」の味わいがどのようなものか、気になるところ。季節感あふれるパッケージデザインをも楽しみながら、ひんやりとした、新鮮味あふれる味覚を堪能したいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー