通常の2.5倍のビーフパティ「クォーターパウンダー」から「BLT」「ハバネロトマト」が登場

2013/06/18 06:55

クォーターパウンダー BLT日本マクドナルドは2013年6月17日、1/4パウンド(約113グラム、通常のビーフパティの約2.5倍)のビーフパティをメインの具材として据えたハンバーガー「クォーターパウンダー」の新メニューとして、「クォーターパウンダー BLT」「クォーターパウンダー ハバネロトマト」の2商品を、全国の同社店舗で同年6月24日から期間限定で発売すると発表した。価格は「BLT」が520円-570円、「ハバネロトマト」が480円-520円。バリューセットの販売もある。朝マック時間帯「以外」での発売。発売終了時期は「BLT」が8月下旬、「ハバネロトマト」が7月下旬(予定)(【発表リリース:「あの」2008年の衝撃を超える新商品が満を持して登場!】)。



↑ 「クォーターパウンダー ハバネロトマト」のテレビCM(公式映像)。本田圭佑選手がサポート役として登場する。(動画公開終了のため、当時のイメージのみ掲載しています)

「クォーターパウンダー」は、その名が表している通り、1/4パウンドのビーフパティを主役にしたマクドナルドの商品シリーズ。2008年11月に「QUARTER POUNDER SHOP」とともに日本に上陸し、規格外のボリュームと「ハンバーガーの王道」と呼ぶにふさわしい味わいが大きな話題を集めることとなった。今回はその「クォーターパウンダー」をさらに進化させた2つの新商品が登場することになる。


↑ クォーターパウンダー BLT

「クォーターパウンダー BLT」はサンドイッチでおなじみの「BLT=B:ベーコン・L:レタス・T:トマト」を「クォーターパウンダー」仕様に仕立てたもの。香り高い歯ごたえのあるベーコンと、新鮮味あふれるレタス、酸味のあるトマト、そして肉汁たっぷりのビーフパティ、さらにレモンとマスタードの香りの2種のソースが全体をまとめ、味のコラボレーションが口内を踊り出す。バンズは素材を包み込むようにするため、少々大きなものとなっている。


↑ クォーターパウンダー ハバネロトマト

「ハバネロトマト」は、「旨みとコクのある辛さ」という新しいビーフバーガーのコンセプトがテーマの商品。特徴となるのは「辛さ」と「旨み」、2つの特徴をもった「ハバネロソース」。肉汁があふれるビーフパティの肉の旨み、香りを辛さで引き立てる。

ハバネロソースの色は目にも鮮やかなオレンジ色。ひと口めから口の中に刺激的な辛さが広がり、辛みと共に現れる「旨みとコク」を二度三度となく体験したくなる。深みのあるハバネロソースの辛さと同時に、ガーリックなどがさらなる刺激を加えていく。一方でレタスや酸味のあるトマトが、辛さをいやす役割を果たすという、バランス感覚のある食材の配し方もポイント。

詳しくはリリースに記述されているが、今2商品については一部店舗で先行発売が行われる。また、バリューセット購入者への「クォーターパウンダー×本田圭佑オリジナルクリアファイル」のプレゼントなど、各種キャンペーンも実施予定(詳細は【リリース:クォーターパウンダーの新しい世界を切り開く「“BITE!”クォーターパウンダー」プロジェクト】参照のこと)。

チャレンジブルな具材とボリューム、価格の「クォーターパウンダー BLT」「ハバネロトマト」。かなり気になる新商品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー